堀井新太、納谷健が“5分落語”に挑戦 第4回『俳優落語』開催が決定 お楽しみ会に三津谷亮、近藤頌利も登場

SPICE



2020年5月の緊急事態宣言中に発足し、これまで不定期ながらも着実に開催を続けている『俳優落語』が緊急開催されることが決定した。

『俳優落語』とは、ワタナベエンターテインメントの俳優たちが、落語を披露する企画。これまでさまざまな俳優たちが配信で落語を披露し、今回の開催で第4回目となる。

本配信では「5分落語」と題し、大元の演目を大きく編集し5分にして披露。初めて落語に触れる人でも楽しめるものになっている。

落語出演は堀井新太納谷健が決定。堀井は父親と息子のやり取りに醍醐味のある「初天神」、納谷は「子ほめ」を関西弁で披露する。

また、初の試みとして本人たちが落語映像のディレクションに挑戦。通常、落語は正面のみの映像だが、噺に応じて俳優たちが「ここの喋りはこの角度から録って欲しい」などの要望のもと、映像として「落語×俳優」の表現に挑戦する。

配信後半には、俳優たちの素顔が見られるお楽しみ会を予定。現在、舞台『刀剣乱舞』に出演中の三津谷亮、そして初参加の近藤頌利も登場し、配信を盛り上げる。
三津谷亮
三津谷亮
近藤頌利
近藤頌利

視聴者はコメントで参加できるので、この機会に、俳優による落語を楽しんでみてはいかがだろうか。

堀井新太 コメント

堀井新太
堀井新太

5分、されど5分。大事な5分。
落語に編集に色々と考えるのは大変ですが、最高な5分をお届けしたいと思います。
これまでの落語では「狸」や「酒にだらしない男」を演じてきました。今回の「初天神」は親子の噺です。是非、父と子の演じ分けにもご注目ください。後半にはゲームもあるので、そちらもお楽しみに!

納谷健 コメント

納谷健
納谷健

今回は『子ほめ』を上方落語調に関西弁で!自分で考えた映像のカット割にも挑戦し、更にオリジナリティも追求してアドリブなんかも交えちゃったりしながら、馴染みやすさ・楽しさに重きを置いて挑みたいと思います!!皆さん、遊びに来てください!

当記事はSPICEの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ