長濱ねる、SDGs連載を雑誌「with」で開始「日常生活の中でできるちょっとした工夫を学んでいけたら」

GirlsNews


長濱ねるがSDGsについて体験しながら勉強していく連載企画『HAJINERU SDGs』が28日発売の「with」(講談社)7月号よりスタートすることが決定した。長濱さんは「『SDGs』、最近よく耳にはするけど、実際どういうことなんだ? 私自身もまだまだSDGsひよっこでして、皆さんと一緒に、ファッションであったり、料理であったり、日常生活の中でできるちょっとした工夫を学んでいけたらなと思っています」と意気込んだ。

国連で決められた2030年までに達成すべき世界共通の目標SDGsを、より身近に知ってもらうため“今すぐできるコトから始める”をテーマにした連載企画。17あるゴールの簡単にできるファーストステップをSDGs研究の第一人者である慶應大学の蟹江憲史教授にもアドバイスをもらい、学びながら紹介していく。第1回目のテーマは「キッチンから始める小さなエコ活」。

連載1回目ということで、少し緊張していた長濱さんだが、学びたい姿勢は強く、環境に優しいキッチングッズやバッグタイプのコンポストについて、積極的に質問を重ねていたそう。野菜などを包むための蜜ろうラップは、その仕様と用途を知ると、撮影で使ったものを早速、自宅でも使ってみるという。「なぜこういうものを使ったほうがいいか、理由がちゃんと分かって納得できると使いたくなりますよね。全12回予定の連載なので、私も1回につき最低1つは、私生活でも実践できる知識を増やしていきたいです」と意気込みを語った。

そして長濱さんは「知らないより知ってるほうがいい、どちらでもいいならこっちを選択した方がいい、そんなライトな気持ちで楽しく取り入れて行けたらなと思います。これからよろしくお願い致します!」とメッセージを送った。

当記事はGirlsNewsの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ