ちびまる子ちゃんの故郷を描いた浮世絵師英泉の東海道シリーズ「ちびまる子ちゃんとコジコジ浮世絵 美人東海道の内 興津」限定予約販売開始!

Rooftop



main.png
(C)S.P/N.A (C)M.S

世界に誇る浮世絵の基礎となる彫りと擦りの伝統工芸技術を継承するために、 伝統を守りつつ新しい挑戦を続け、 様々な作品をプロデュース・企画・制作する株式会社版三(代表取締役 坂井英治)は、 この度、 ちびまる子ちゃん浮世絵木版画『ちびまる子ちゃんとコジコジ浮世絵 美人東海道の内 興津』を制作。

本作品は、 江戸時代後期の浮世絵師・渓斎英泉の作品で美人画と風景画を描く貴重なシリーズ「美人東海道・興津」、 をモチーフに。 東海道の興津は、 現在の静岡県静岡市清水区にあたる。 この美人東海道の絵師・英泉は、 かのゴッホが最も愛した浮世絵師の一人でもありゴッホは、 英泉の浮世絵を数多く所有し、 作画(模写)もしている程。 また、 この作品が制作された江戸時代後期は浮世絵木版画の彫・摺の技術も頂点にあり、 評論家の間でも高い評価を受けている。

sub1.png

ちびまる子ちゃんの故郷でもある興津は、 「東海道名所図会」に「この道は山水の風景真砂にして東海道第一の勝地也」と記されているように、 東北に富士山を眺め、 遠浅の砂浜を控えた大変美しい地形。 ちびまる子ちゃんの故郷を背景にちびまる子ちゃんとコジコジ、 そして家族や友達がしっくりと馴染んでいる微笑ましい情景と手漉き和紙の温もり、 そして丁寧に彫り、 摺りされた浮世絵木版画の風合いを楽しもう。

ちびまる子ちゃん浮世絵木版画『ちびまる子ちゃんとコジコジ浮世絵 美人東海道の内 興津』
予約開始:2021年5月22日(土)お昼12時

販売価格:45,000円 (税別・送料別)

販売数: 300部 「浮世絵工房」先行予約受付

発売元:株式会社 版三

額装サイズ: H約410mm × W約525mm

素材(額装部分):木材、 アクリル

和紙(絵):人間国宝 岩野市兵衛 越前生漉奉書

オンラインショップ:浮世絵工房

sub5.jpg

ー製法についてー

この木版画の彫摺は江戸伝承の古法による純手彫り純手摺りであり、 それぞれの技術者は文化財保護第八十三条によって認定された浮世絵木版画彫摺技術保存協会に所属。また、 この彫師・摺師の木版画制作技術は文化庁保護法に基づき国指定の文化財「重要民族文化財選定保存技術」に選定されている。

ー和紙についてー

今回、 木版画に使用する和紙は越前和紙漉元・重要無形文化財(人間国宝)岩野市兵衛氏の特別制作による純手漉和紙の越前生漉奉書。 生漉奉書とは、 越前和紙の看板とも言える、 その製法が国の重要無形文化財に指定されている、 気の遠くなるような手間をかけて作る、 日本の紙の原点とも言える手漉きの和紙。 本来楮(こうぞ)100%の厚い紙でしたが、 近年製紙技術の進歩により、 パルプ主体の奉書が多勢を占めるようになったので 特に楮100%の奉書を「生漉奉書」と呼び区別するようになった。 印刷用紙として洋紙屋さんで一般的に扱われる「奉書」とは全くかけ離れた紙です。 今回はもちろん楮100%の「生漉奉書」を使用。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ