前田敦子、セーラー服姿で強烈ビンタ “アラサー”でも女子高生・委員長役に違和感なし

前田敦子は成田凌主演映画『くれなずめ』(5月12日公開)で主人公・吉尾和希(成田)の初恋の人・ミキエ役を演じており、高校時代の回想シーンでセーラー服姿を披露している。AKB48出演によるテレビ東京系ドラマ24『マジすか学園』(2010年)で主人公の転校生“前田敦子”役を演じてセーラー服を着てから10年以上が経ち、今では1児の母親となった前田だが、『くれなずめ』公式SNSで女子高生・ミキエに扮した姿を公開したところ違和感のないセーラー服姿がフォロワーの反響を呼んでいる。

松居大悟監督・脚本による映画『くれなずめ』は、高校時代に仲が良かった男子6人組が友人の結婚披露宴で5年ぶりに集まって過ごした披露宴から二次会までの濃密な数時間を描く。前田敦子演じるミキエは成田凌演じる主人公・吉尾と高校の同級生で、吉尾がしていた清掃員の委員長だった。映画『くれなずめ』予告編では、回想シーンでミキエがビンタする一幕が見られる。

前田敦子はAKB48時代に主演した『マジすか学園』で、ヤンキー高校・馬路須加女学園に転入してきた少女が最強武闘派集団ラッパッパをはじめとするヤンキー女子高生を相手にケンカを繰り広げる役どころを演じ、セーラー服の赤いスカーフとメガネが重要なアイテムとなっていた。映画初主演作となった『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの「マネジメント」を読んだら』(2011年)では高校野球部の新米マネージャー・川島みなみ役でセーラー服を着ており、2012年8月にAKB48を卒業してからも女優として数々の作品に出演するなか女子高生役は何度かあった。

2019年3月に第1子男児を出産した前田敦子だが、同年9月公開の主演映画『葬式の名人』ではシングルマザー・雪子役を演じ、高校時代の回想シーンで見せたセーラー服姿が話題になった。2020年7月放送の日本テレビ系スペシャルドラマ『リモートで殺される』では本田翼新田真剣佑齋藤飛鳥などが演じる高校時代の同級生たちとリモートで会話するなか回想シーンで制服姿になったが、この時はスクールシャツタイプでセーラー服ではなかった。

そんななか『くれなずめ』で久々にセーラー服を着た三十路前の前田敦子(現在29)。予告映像の回想シーンでは清掃委員会の委員長・ミキエが真面目に掃除しない男子を叱る短い場面で迫真の演技を見せている。『映画「くれなずめ」公式』インスタグラムで封切り前に委員長・ミキエの姿を披露したところ、フォロワーから「あっちゃん! 可愛い!」、「あっちゃんの役柄楽しみです」と反響があり、変わらぬ人気ぶりをうかがわせた。

画像は『前田敦子 2021年4月16日付Instagram「映画「くれなずめ」4月29日公開です。」、2021年3月27日付Instagram「grayチャリティーパールコレクションに参加させていただきました。」』『映画「くれなずめ」公式 2021年2月23日付Instagram「登場人物紹介 ミキエ/#前田敦子」、2021年5月18日付Instagram「場面写真 ミキエ(#前田敦子)は高校時代、吉尾(#成田凌)と同じ清掃委員会の委員長を務めていた」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ