嵐と後輩ジャニーズのコラボの多さにファンから苦情 “嵐メンバーだけ”のメディア露出が少ないワケ

wezzy


  嵐・二宮和也が、KAT-TUN・中丸雄一、Sexy Zone・菊池風磨、Hey! Say! JUMP・山田涼介とともに運用しているYouTubeチャンネル「ジャにのちゃんねる」。4月25日の開設からまだ一カ月しか経っていないものの、チャンネル登録者数は200万人を突破しており、彼らの根強い人気がうかがえる。

動画の再生回数も100万回超えは当たり前で、中には700万回を超えているものもあり、他のYouTuberからも注目を集めているようだ。

5月7日には、人気YouTuberのオリエンタルラジオ・中田敦彦が自身のサブチャンネル「中田敦彦のトーク- NAKATA TALKS」で、「嵐二宮さんの『ジャにのちゃんねる』に大注目」という動画を投稿。中田は、「ジャにのちゃんねる」は二宮、中丸、山田、菊池という人気メンバー4人で運営していることに触れ、<あの4人がスケジュール合わせるってめちゃくちゃキツいと思う>と指摘。

さらに、二宮について<吉本でいうカジサックさんみたいな役割をやるのかもしれない><吉本だと、カジサックさんのチャンネルにとにかく(芸人を)出していくっていうのが最初のフェーズだったじゃないですか。こういう役割を二宮さんができたら強い>と、YouTubeチャンネルでジャニーズの後輩をプッシュしていくことが、今後二宮の強みになりえると分析していた。

中田が高く評価している、二宮の“後輩ジャニーズとのセット売り”だが、嵐の活動休止以降、二宮以外の嵐メンバーにもそうした傾向がみられている。

嵐の冠番組『VS嵐』(フジテレビ系)は『VS魂』と番組名を変え、相葉雅紀の他、風間俊介、Sexy Zone・佐藤勝利、ジャニーズWEST・藤井流星、King & Prince・岸優太、ジャニーズJr.のユニット「美 少年」浮所飛貴と、各グループのメンバーがレギュラー出演している。

『嵐にしやがれ』(日本テレビ系)の後続番組で、櫻井翔がMCを務める『1億3000万人のSHOWチャンネル』にも、KAT-TUN・亀梨和也、King & Prince・平野紫耀、SixTONES・ジェシー、NEWS・増田貴久など、さまざまな後輩ジャニーズがゲストとして出演している。ジャニーズ事務所は嵐メンバーと後輩ジャニーズを徹底的に共演させる方向のようだ。

しかし、中にはそれを好ましく思わない嵐ファンもいる。これまで櫻井翔、相葉雅紀、Hey! Say! JUMP・山田涼介の3人が出演していた「三ツ矢サイダー」のCMが5月18日より「最強の夏サイダー」編としてリニューアルしSnow Manの阿部亮平と目黒蓮が新加入したのだが、これについて、SNSでは「最高の組み合わせ」と歓喜のコメントが寄せられている一方、「三ツ矢サイダーのCMは嵐だけでいいんだよ」「櫻葉だけが見たい」と不満の声も出ているのだ。

嵐の活動休止に伴って、ファンの間では“ポスト嵐”として彼らの冠番組を引き継ぐのはどのグループなのかと話題になっていたが、ふたを開けてみれば特定のグループに任せるのではなく、さまざまなグループのメンバーをレギュラー出演させるという、ある意味では公平な方法がとられている。

ただ、裏を返せば、ジャニーズ事務所は“ポスト嵐”にふさわしいグループを決めかねている状態ともいえるだろう。当面は嵐と共演させる形で、後輩グループの知名度・人気度を上げるのが先だと判断したのかもしれない。

当記事はwezzyの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ