年収1000万円の男性と結婚すれば幸せになれる? リアルを検証!

カナウ


年収1000万円の男性と結婚すれば幸せになれる?  リアルを検証!

「早く結婚して専業主婦になりたい。玉の輿に乗りたい……」そんな願望を膨らませるアラサー女子も、案外多いのではないでしょうか。

キャリアウーマンになるほどの気概はなく、それでも毎日の業務をこなすことで精一杯で心身共に疲れ切っているときや、婚活をしても、なかなか素敵な男性にめぐり会えないときなど、つい現実離れした白馬の王子様を妄想してしまうことも。

でも、高年収の男性って本当に理想的なんでしょうか?高収入の男性と結婚して玉の輿に乗れば、本当に幸せになれるんでしょうか?

目次

年収1000万円、手取りはいくら?


以下、ざっくりした計算なのであしからず……。
年収が1000万円あった場合、税金などが引かれて手取り年収はおよそ750万円だそうです。
ちなみに、年収600万円の場合、手取りが約500万円。年収300万円の場合は、約280万円。
年収600万円くらいから所得税率が10%から20%に上がるってこと、知ってました?
所得税制は超過累進税率が採用されており、所得が増えるとそのぶん税率が段階的に上がっていきます。
それだけでなく、年収が800万円を超えてくるあたりで子ども関係の補助金や助成金についての所得制限にひっかかってくるようになります。
子供手当は満額もらえなくなり、認可保育園の保育料なども高額になったりするようです(保育園・幼稚園の料金や子ども関連の助成金は市区町村で違ってきますので、詳細はお住いの地域の役所までお問い合わせ下さい)。

妻が専業主婦だと、大して世帯年収が高くない


夫が高年収だと「専業主婦になって三食昼寝つき!」なんて小躍りしたくなりますが、年収1000万円くらいでは、実際のところそれほどお金持ちという感覚はなく、世帯年収も飛び抜けて高いというわけでもありません。
そのため、妻が専業主婦となり稼ぐのが夫だけという家庭では、子供が中学校・高校・大学と進学するにつれて、家計が苦しくなるケースも多いのだとか。
1000万にはギリギリ届かない800万円クラスだと、節約が当たり前の平均家庭になっちゃいます。

高年収男性は、基本的に忙しい


高年収を得ているということは、すなわち夫が一生懸命に働き、職場でも要職を得ているということ。
当然、社会人として忙しい日々を送っていて、残業や休日出勤も当たり前というパターンが多いでしょう。
そのため、理想的な高収入の男性と結婚できたと思っても、夫婦生活は寂しく、いつも家に一人……という状態になりかねません。
また、仕事ができるオトコは当然モテますし、自分に自信がある男性は浮気をする可能性も高まります。
出張だと偽って外泊したのが、実は浮気相手との温泉旅行だったなんて、よくある話です。
1000万円以上の年収を得る男性と収入目当てに結婚するなら、多少の浮気はスルーするくらいの気持ちでいたほうが良いのかも。

まとめ


高年収男性は魅力的なのか……? という問いに対し、最終的に判断するのはあなたですが、必ずしも理想的とはいえないことがわかります。
もし、婚活をしていて男性の条件に“年収が高いこと”を入れているのなら、ちょっと見直しをしても良いかもしれませんよ。
(蒼海水月/ライター)
photo by.Victor1558

当記事はカナウの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ