『ロンハー』若手芸人の“ズル”に批判「頑張りも面白みも無い」

まいじつ


(C)Krakenimages.com / Shutterstock 

5月18日放送の『ロンドンハーツ』(テレビ朝日系)で、お笑いコンビ『オズワルド』の伊藤俊介が出演。『ロンドンブーツ1号2号』田村淳やスタッフに悪態をついて話題になっている。

この日の放送では、伊藤とピン芸人の岡野陽一にドッキリを仕掛けた。激辛のラーメンを食べられれば10万円が与えられるというニセ企画で、スタッフはさほどでもない辛さの麺、スープを用意。2人が素直に「辛くない」と口にするか確かめた。

伊藤は「辛いっすね」とつぶやきながらも、さほど辛そうな様子は見せなかった。完食して10万円の獲得が決まった後に、番組サイドは「制裁」として激辛の2杯目をひそかに用意。2杯目も完食すれば追加で10万円が与えられると勧誘した。食べきれなければ10万円が没収されると知ると、伊藤は「もう限界です」と渋り始めた。

失敗しても10万円は保証するとスタッフが必死になだめ、伊藤は2杯目に挑戦することに。1杯目と同様の辛さだろうと麺を一気に吸い込んだが、あまりの辛さにせき込んだ。結局、辛さに耐えきれずにギブアップ。スタッフが獲得した10万円を没収すると告げると、伊藤はスタッフをにらみつけた。

ザキヤマにブチギレ?「辛くねえからだよ!」


ここで淳らが笑いながら収録現場に現れ、ドッキリと知らせた。『アンタッチャブル』山崎弘也が「なんで1杯目、いっぱい食べられたの?」と問うと、伊藤は「全然辛くねえからだよ!」とブチギレ。「そういう愛きょうのなさが、仕事のなさにつながってくるから…」と言い訳した。

一方で岡野は2杯目を食べるとあっさり宣言し、必死に食べ進めて完食。視聴者は岡野の根性を絶賛しながら、周囲に悪態をついた伊藤には批判の声を寄せている。

《オズワルド伊藤のリアクションも別の正解なんだろうけど、テレビ映えはしないかな》
《オズワルドの伊藤? 酷いな…頑張りも面白みも無い……》
《怖っ! オズワルド伊藤は怖い人なんだね》
《まったく魅力ないな、オズワルドの伊藤って人》
《オズワルド伊藤ってなんなん? ロンハーみて嫌いになった》
《ロンハーの岡野さんかっこいい! 嘘のときも面白いのにガチの激辛になっても本気なところ好き! 伊藤と雲泥の差》

岡野とは好感度で大きく差を開けられてしまったようだ。

当記事はまいじつの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ