石田ゆり子、菜々緒ら 7月スタート『TOKYO MER』豪華キャストを一挙発表

しらべぇ

((C)TBS)
俳優・鈴木亮平が主演する7月スタートのTBS系日曜劇場『TOKYO MER~走る緊急救命室~』(日曜・午後9時)の出演キャストが19日、発表された。

■救命救急医らの奮闘を描く


同ドラマは、都知事の号令で新設された救命救急のプロフェッショナルチーム「TOKYO MER」を舞台に、大事故や事件の現場に飛び込んで負傷者にいち早く救命処置を施す救命救急医・喜多見幸太(鈴木)らの奮闘を描くストーリー。

“MER”は、「モバイル・エマージェンシー・ルーム」の略称で、最新の医療機器とオペ室を搭載した大型車両「ERカー」で、危険な現場に駆けつけ、チームに課された“一人も死者を出さないこと”というミッションに挑む。

これまで、医師免許を持つ厚生労働省の医系技官で、当初は喜多見に反発するものの、やがて最高の相棒となるチームのメンバー・音羽尚を賀来賢人、循環器外科で研修中ながら、MERチームを兼務するよう命じられた研修医・弦巻比奈を中条あやみが演じることが明らかに。

さらに、このほど新たに、石田ゆり子菜々緒ら6人のキャストが発表となった。

関連記事:鈴木亮平、『TOKYO MER』で危険な現場に飛び込む“スーパー救命救急医”に

■女性初の首相候補とすご腕看護師


石田が演じるのは、「TOKYO MER」の創設者である東京都知事・赤塚梓(あかつか・あずさ)。女性初の首相候補として脚光を浴びる赤塚は、政治生命を左右されかねない困難な状況にも決然と立ち向かう人物で、まさに理想的なリーダー像を体現。

しかし物語が進むにつれ、驚くべき真意が明らかになっていく。

菜々緒は、MERチームの看護師・蔵前夏梅(くらまえ・なつめ)を演じる。救命救急医療に精通したすご腕の看護師で、喜多見の頼れる右腕として現場には不可欠な存在だ。

ときには命を守るために危険を冒し、凛として自分の意見を主張する性格だが、一方で一人娘を育てるシングルマザーという一面も持っている。

■仲里依紗が世界的名医に


また、仲里依紗が、喜多見と同じ病院で勤務する循環器外科医・高輪千晶(たかなわ・ちあき)役で出演。

若くして世界的に名高い心臓手術のスペシャリストで、喜多見とは犬猿の仲のようにも見えるが、喜多見の腕と命を守ることへの使命感は認めている。劇中では、次第に喜多見と高輪の意外な関係も明らかになる。

災害や事故の現場で救助活動を行うレスキュー隊の中でも、最精鋭が揃う即応対処部隊の隊長・千住幹生(せんじゅ・みきお)役には、要潤が扮する。千住は救命救助のプロフェッショナルとして、医師でありながら危険な現場に飛び込もうとする喜多見と衝突するが、やがて絆を深めていく。

■小手伸也、佐野勇斗も出演


さらに、小手伸也佐野勇斗の出演も決定。小手はMERチームのメンバーで麻酔科医の冬木治朗(ふゆき・じろう)を演じることに。冬木は危険な状態の負傷者の容体を管理し、喜多見のオペをサポートする重要な役割を担うとともに、穏やかな性格でチームにとっての父親的存在でもある。

佐野は医療機器のスペシャリストである臨床工学技士の徳丸元一(とくまる・もといち)を演じる。臨床工学技士は、高度な医療機器が欠かせない現代医療において、医師を支える重要な存在。徳丸はやんちゃなメカオタクであり、ERカーの設計にも携わって、自ら運転して災害現場へと向かう。

6人は、危機に瀕している人々を救うために、それぞれ究極の選択を迫られる役どころ。実力派俳優たちが顔を揃え、命を巡る壮大なスケールのドラマが繰り広げられる。

・合わせて読みたい→田村淳、曖昧な医療崩壊の定義に疑問 「医療崩壊が起きないように解釈できる」

(文/しらべぇ編集部・けろこ

当記事はしらべぇの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ