田村正和さん77歳で死去 ニヒルな二枚目からコミカルな役まで

テレビファン


 テレビドラマ「古畑任三郎」などで知られる俳優の田村正和(たむら・まさかず)さんが4月3日午後4時20分、心不全のため東京都港区の病院で死去したことが、18日分かった。77歳。京都市出身。葬儀・告別式は親族で行った。喪主は妻和枝(かずえ)さん。

田村さんは、俳優・阪東妻三郎の三男(兄は俳優の田村高廣、弟も俳優の田村亮)として生まれ、1961年に映画『永遠の人』(木下惠介監督)で本格デビュー。テレビ時代劇「眠狂四郎」のニヒルな二枚目からコミカルな役まで、幅広い役柄をこなして人気を集めた。

94年には三谷幸喜氏脚本の「警部補・古畑任三郎」で主人公の古畑を演じて話題に。独特な口調やキャラクターが受け、シリーズ化された。

当記事はテレビファンの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ