ジャンプ系乱舞! 週間人気記事ランキング(5月7日~13日)

今回もアニメージュプラスの人気記事ランキングをお届けしよう。
集計期間は2021年5月7日から5月13日だ。

この間の出来事としては、5月7日に1都2府1県に対する新型コロナウイルスの緊急事態宣言が5月31日まで延長される事が決定。各施設やイベントなどへの休業要請は若干緩和された。

だが東京都は国の方針に加え、独自に映画館、プラネタリウムへの休業を要請。映画館では過去クラスターが発生しておらず、合理性に欠けるとの意見もある。全国の映画館、演芸場などが加盟する全国興行生活衛生同業組合連合会は11日、抗議の声明文を発表した。
現在の映画は初動の動員を重視するため、5月31日までに公開を予定していた作品の中には、大集客を見込める東京が公開範囲から外れるのを忌避し、公開自体を延期するものも出てくるだろう。

その映画だが、『名探偵コナン 緋色の弾丸』は興行収入59億円、『シン・エヴァンゲリオン劇場版』は83億円、「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」は399億円をそれぞれ突破している。

それでは20位から10位まで、カウントダウン!

<5月7日~5月13日>
【20位】
北斗天帰掌を完全再現!『北斗の拳』トキのフィギュア発売
【19位】
2021年サンリオキャラクター大賞中間発表!ポムポムプリン1位
【18位】
『BE-PAL』最新号の特別付録は「ドラえもん ミニ・シェラカップ」
【17位】
『ムーミン』の夏柄はがきが自分にも出したくなっちゃう可愛さ!
【16位】
眼は差し替えも可能!『NARUTO』G.E.M.うちはサスケ
【15位】
『機動戦士ガンダム』MS武器の水鉄砲でサマーシューティング!
【14位】
ハンドメイド『名探偵コナン グラスジュエリー』正式販売開始!
【13位】
のんびりキャンプ♪ オリジナルテーマの『すみっコぐらし』一番くじ
【12位】
にぎってヨシ!『仕事猫』のもちもちフィギュア新登場♪
【11位】
「ファミリーポケモンカードゲーム」で気軽にプレイを楽しもう!

今回も下位ランクは、2つ以上記事がランクインしている作品がないというバラエティに富んだ顔ぶれとなった。ファンシー系、という括りだとやや多いが、どこまでファンシー系に含めるか微妙なところである。

20位は『北斗の拳』のフィギュアの記事。マンガ・アニメとしては1980年代の作品だが、キャラものパチスロ・パチンコの題材として2000年代に人気が再燃、現在もある意味で現役作品と言える。そのため幅広い層から認知を得ており、アニメージュプラスでも一定以上の人気を得ている。

15位はガンダムのビーム・ライフルを模した水鉄砲の記事。夏に合わせたアイテムの情報もそろそろ増えてくる頃である。

12位は「仕事猫」のアイテム情報。仕事猫は、イラストレーターくまみね氏が描いた猫(通称「電話猫」)の絵がふたばちゃんねるでコラージュされ生まれた「現場猫」を、くまみね氏自身が描き直す事で権利関係をクリアにしたキャラクター。「ヨシ!」というセリフと指さしポーズが特徴だ。
漫画化もアニメ化もされていないキャラクターだが、トイズキャビンから発売されたカプセルトイは何度も再販されるという異例の事態となり、各種グッズも展開中。また、工事現場などで注意喚起キャラとして使用されており、今後も人気上昇が予測される注目キャラだ。

そして下位ランクのトップ、11位を獲得したのは「ファミリーポケモンカードゲーム」の記事。これは「ポケモンカードゲーム」のファミリー入門用セットで、ゲームそのものはポケモンカードゲームと同じ。
ポケモンカードゲームは現在、日本国内TOP3に入るトレーディングカードゲーム(TCG)。アニメージュプラスではTCGの記事はあまり載せていないのだが、読者の中にもTCGファンは一定数以上居る、ということなのかもしれない。

アニメージュプラスはアニメ雑誌『アニメージュ』の名を冠していることもあり、アニメ関係の情報に力を入れている。
だがそれだけではなく特撮や、映像作品になっていないファンシー系の情報も掲載している。そしてその特撮やファンシー系の人気が決して低くないことは、このランキング記事を読んでいる読者の皆さんはすでにご承知のことだろう。

これは、アニメージュプラスの読者が「アニメ情報だけに興味があるディープなアニメファン」だけではなく、もっとフワッとした「アニメ好き」「アニメも好き」というレベルの層も含まれている、ということだと考えられる。

その一方で、内容の濃い読み物記事も閲覧数は伸びる。この辺りは分析のしがいがあるところだろう。

それでは10位から1位まで、カウントダウン!

<5月7日~5月13日>
【10位】
『キングダム』3期第6話 若き将、そして猛将たちが火花を散らす!
【09位】
『ワンピース』一番くじに新フィギュアシリーズが初登場!
【08位】
『ポケモン』が切手に!見返り美人図とピカチュウのコラボが可愛い~
【07位】
明治おいしい牛乳が『鬼滅の刃』”柱” とコラボキャンペーン!
【06位】
『ONE PIECE』1000話到達記念 新作腕時計が登場!
【05位】
第2期最新PVも公開『転スラ』メインキャスト出演番組が生配信決定
【04位】
かわいい × 便利 =「サンリオ×Shupatto」コラボエコバッグ
【03位】
『ドラゴンボール』一番くじ最新作「カカコレ」1位の孫悟空が登場!
【02位】
『鬼滅の刃』無限列車プラレール&トミカ第2弾が今夏発売決定!
【01位】
『呪術廻戦』がユニクロ「UT」と初コラボ!

10~1位は『ワンピース』が2本、『鬼滅の刃』が2本ランクイン。『キングダム』(ヤングジャンプ)も含めると、ジャンプ系作品が7本ランクインする形となった。

その『キングダム』先行カット記事は10位。前回に続けてのランクインである。昨年一度放送した分はすでに終了し、完全新作の放送に入っている『キングダム』、このままランキングの常連となるか否か。

5位は『転生したらスライムだった件 第2期』後半クールに関する情報。『転スラ日記』が1話以降ランクインしてこなくなった形だが、アニメージュプラスの『転スラ』ファンは本編のシリアス展開の方に強く興味を持っている、ということなのだろうか。

2位は劇場版『鬼滅の刃』に登場した無限列車をプラレールで再現したアイテムと、鬼滅キャラをモチーフにしたトミカの記事。
ある種の「ネタ」感もあるアイテムだが、アニメージュプラスではトミカの人気が決して低くないと考えられており、プラレールも同様に読者に一定数の潜在的ファンがいる可能性はある。そのプラレール・トミカと『鬼滅』の合わせ技なので、2位という順位も納得の結果だろう。

その合わせ技を制して1位となったのは、こちらも合わせ技の『呪術廻戦』とユニクロのコラボに関する記事。
『呪術廻戦』の人気は言うまでもないが、ファストファッションのトップランナーであるユニクロもアニメージュプラスでの注目度は高い。
こう言っては何だが、トミカ、プラレール、ユニクロとアニメ関係なくても人気が高い「普通のもの」は、アニメージュプラスでも人気が高い、というある意味当たり前の図式が成り立っているのであろう。

今回のランキングはいかがだっただろうか。では次回のランキングをお楽しみに。

当記事はアニメージュプラスの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ