アンゴラ村長がミニを自らめくって…出演者も慌てた突如の仰天行動

アサ芸プラス


 5月11日に放送された「デカ盛りハンター」(テレビ東京系)で、お笑いコンビ「にゃんこスター」のアンゴラ村長が放送事故級の艶シーンを披露し、男性ファンを騒然とさせた。

アンゴラ村長はファミリーレストラン「バーミヤン」を舞台に、千葉出身の大食いと埼玉出身の大食いが対決するコーナーに登場。埼玉チームの一員として大食いに挑んだ。

4品目のあんかけチャーハンを完食した後、艶シーンが飛び出した。お腹がいっぱいになったアンゴラ村長はイスからすっと立ち上がる。この日、身に着けていた衣装はグレイのミニ丈ワンピースで、なんとその裾を自らまくりあげ、中身を披露したのである。

「いきなりスカートをめくったので何事が起きたのかと驚きました。ワンピの下にトレーニングウェアのような丈の短いズボンを穿いていましたが、ドキッとしましたよ」(週刊誌記者)

加えてアンゴラ村長は「下にズボンを穿いていて、ここ(ウエスト)がちょっときつくて」と説明。カメラの前でスボンのウエスト部分を下げた。これには司会進行を務めたお笑いコンビ「カミナリ」の石田たくみも「ドキッとしちゃった!」と仰天。

「スカートをめくるだけでも刺激的なのに、ズボンを脱ぐかのような動きまでしたわけですから、男性ファンが鼻の下を長くしたのは言うまでもありません。結果的にアンダーウェアを拝むことはできませんでしたが、いい目の保養になりましたよ」(前出・週刊誌記者)

新恋人ができたというアンゴラ村長。あのボディを一糸まとわぬ姿で見ている彼氏がうらやましい。

当記事はアサ芸プラスの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ