“農業×観光×リゾート”という新たな旅スタイルを満喫「リゾナーレ那須」【星野リゾート宿泊ルポ】

TABIZINE

頬をなでる風が柔らかな春。せっかくだから静かな高原で、この美しい季節を堪能したい気分。そこで選んだのが「星野リゾート リゾナーレ那須」。豊かな緑と可憐な花々に包まれた高原リゾートには、旅人を心地よく癒やすギフトがひしめいていました。
星野リゾート リゾナーレ那須 ハーブ
那須山麓の森に抱かれる、アグリツーリズモリゾート
星野リゾート リゾナーレ那須
(C)Hoshino Resorts Inc.

古くから那須温泉郷として知られ、日本有数のリゾート地として名を馳せる那須高原。雄大な那須岳の山麓、標高約500mの森に包まれるように立つのが「星野リゾート リゾナーレ那須」です。

東京駅からは新幹線とバスで約1時間半。都心からのアクセス抜群のロケーションながら、緑の深さと静けさ、空気の清々しさにまず驚かされます。

星野リゾート リゾナーレ那須

リゾナーレ那須のコンセプトは「アグリツーリズモリゾート」。アグリツーリズモとは、イタリア語でアグリクルトゥーラ(農業)とツーリズモ(観光)の造語であり、その土地の農体験や自然体験、文化交流を楽しむ滞在のこと。リゾナーレ那須では「農業×観光×リゾート」という新たな旅のスタイルを提案しており、ゲストは地域の魅力や農業の奥深さに触れ合いながらステイを満喫できるのです。

約4万2,000坪もの広大な敷地には、宿泊棟やレストランに加え、農園「アグリガーデン」や田んぼも併設。年間を通して多種多様な野菜やハーブ、お米が育てられていて、季節によって変化する風景を楽しめるのもこのリゾートならでは。
土に触れ、野菜を学ぶ農業体験
星野リゾート リゾナーレ那須

アグリツーリズモリゾートを象徴するのが「ファーマーズレッスン」。アグリガーデンでは畑の耕耘から肥料づくり、種まき、収穫までスタッフが行っており、ゲストはその日に必要な農作業を体験することができます。

筆者が訪れた4月下旬は畝(うね)や肥料作りが行われていました。スタッフによるお手本にならい耕耘機を使った畝作りに挑戦。機材を用いることで畝の形を整えられるだけでなく、土にまんべんなく空気が混ざり、作物の根が伸びやすくなるのだとか。

一般的な農業体験では“収穫”が軸とされがちですが、こうした野菜作りにとって大切な畑の下準備に接することができるのも大きなポイントといえるはず。

星野リゾート リゾナーレ那須 犬

温室「グリーンハウス」では、生育中の野菜や米の苗や堆肥が作られる様子を見ることができます。さらに四季を通して、作物を無駄にしない農家の暮らしをヒントにしたワークショップも定期的に開催。農業と共にあるライフスタイルに触れられる貴重な場です。

星野リゾート リゾナーレ那須 犬

笑顔が凛々しいこちらのワンコはバン君。縁あって沖縄から那須に移住した彼は、れっきとした社員。畑の野菜を狙う猿を威嚇するという、重要な任務を任せられているのだそう。
ハーブの香りと色彩に癒やされる、春限定のプログラム
星野リゾート リゾナーレ那須

もう一つのグリーンハウスでは年間を通してハーブが育てられており、最盛期である春にはプログラム「香るハーブづくしのリフレッシュ」が開催。蒸留水作りやハーブティーブレンドなど、ハーブの魅力を存分に楽しむという内容です。ハーブの香り漂うガーデンで過ごすひと時は、それだけで心と体が潤ってくるかのよう。

星野リゾート リゾナーレ那須

まずはハーブの収穫からスタート。約100種類から好きなものを選べますが、ハーブそれぞれの特徴をスタッフがレクチャーしてくれるのも嬉しいところ。多彩な視点でハーブを選ぶ体験は、日常の暮らしにも役立ちそうです。

星野リゾート リゾナーレ那須

蒸留水用にはレモングラス、レモンティーツリー、アップルミント、レモンミントを選んでみました。摘んだばかりのハーブたちは、ピンと張った葉先と鮮やかな色が印象的。フレッシュでみずみずしい香りは、スーパーで見るものとは比べものにならないほど!

星野リゾート リゾナーレ那須

ハーブの蒸留水なんてさぞかし難しいものかと思いきや、専用の器具を使えば意外にも簡単。

星野リゾート リゾナーレ那須 ハーブ

抽出した蒸留水は青いスプレーボトルに注いで完成です。ルームフレグランスや虫除けスプレーなど使い道もさまざま。

摘みたてのハーブをブレンドして作るハーブティ&ハーブウォーターは清涼感ある味わい。就寝前や目覚めの一杯にもピッタリです。さらにドライハーブとフレッシュハーブを加えて作るサシェやハーブブーケなど、旅の後にも楽しめるアイテム作りも充実しています。
季節の木々に彩られた、開放感あふれる客室
星野リゾート リゾナーレ那須 本館

ゲストルームは独立型の本館と、水庭や小川を間近に望める別館の2エリアを展開しています。今回利用したのは2階建ての「デラックスメゾネット」。

星野リゾート リゾナーレ那須 本館

1階のリビングスペースは、那須の木々をテーマとしたグリーンが基調。大きな窓から陽光がたっぷり降り注ぎ、隅々まで心地よさを届けるデザインは開放感もひとしおです。両階ともにウッドテラスが完備。穏やかな風を感じながら寛げば、自然に包み込まれるような感覚に。

星野リゾート リゾナーレ那須 本館

2階は3つのベッドが設えられた寝室。総面積62平方メートルという広々とした空間はファミリーやグループでの宿泊に最適です。

星野リゾート リゾナーレ那須

日も暮れかかりそろそろディナーの時間。ダイニングへ向かう間に出合えたのが、ため息の出るほどに美しい田んぼのリフレクション。田植え前の数週間しか見ることができない特別な景色なのだそう。
自然の恵みを享受する独創的なイタリア料理
星野リゾート リゾナーレ那須 オットセッテ

ディナーはメインダイニング「OTTO SETTE NASU(オットセッテ 那須)」にて。トスカーナ州の郷土料理をベースに地元産の食材をふんだんに使用したコース(15,730円・税込)は、前菜からデザートまで8種という構成です。

前菜の「農園のピンツィモーニオ」は那須の生産者から仕入れる野菜やリゾナーレ那須の畑で育てられたハーブが勢揃い。一口ごとに旬の恵みと野菜の力強さがあふれます。

イタリア産自然派ワインをメインとした「ワインペアリング」(8,000円・税込)もお願いしてみました。マルケ州のロゼ「マルケロザート」は清々しい酸味とふよかな果実感が主張。コクの強い生ハムとも見事なハーモニーに。

星野リゾート リゾナーレ那須 ディナー

「魚介とフルーツトマトのスプマンテ蒸し」はゲストの目の前で仕上げ、サーブするという粋な演出が。合わせるのはトスカーナ州の「カステッリーナ」。レモンのようなアロマとミネラル豊かな味わいが、魚介の旨味を引き立てます。
みずみずしい野菜に舌鼓!高原リゾートならではの朝食
星野リゾート リゾナーレ那須 朝食

朝食はビュッフェレストラン「SHAKI SHAKI」でいただきます。壁一面の窓の向こうに広がるのは森の木々。差し込む陽の光が柔らかで、つい長居してしまう居心地の良さです。

星野リゾート リゾナーレ那須 朝食

ビュッフェ台で圧倒的な存在感を放っているのが新鮮な野菜たち。目にするだけで元気が出るような彩り鮮やかなアイテムがそろいます。

星野リゾート リゾナーレ那須 朝食

思わず手に取りたくなるルックスのパンは、食事系からスイーツ系までラインナップも豊富。

星野リゾート リゾナーレ那須 朝食

カラフルな生野菜はどれもがみずみずしく、鮮度の良さがわかります。極薄スライスや厚めのカットなど切り方もさまざまで、多彩な食感を楽しめるのも嬉しいところ。近隣にある「森林ノ牧場」から届けられる牛乳は、生クリームのような濃厚さとほのかな甘み。土地の恵みが凝縮した至福の朝食でした。

※食材は仕入状況により、変更になる場合があります。
春の訪れを謳歌する多彩なアクティビティ
星野リゾート リゾナーレ那須

朝食後はアクティビティ「朝の森さんぽ」に参加することに。敷地内の森を歩きながら、随所でスタッフが動植物について丁寧に説明をしてくれるので、那須の自然をより深く知れるのもポイント。空気が驚くほど澄んでいて、深呼吸するとカラダの隅々まで浄化されるのを実感します。

星野リゾート リゾナーレ那須 ポコポコ

三角屋根がチャーミングなこの建物はアクティビティ施設「POKO POKO(ポコポコ)」。ブックカフェやプレイエリアなどが設けられるほか、石窯ピッツァづくり(1枚2,000円・税込)を体験することもできます。焼き上げはスタッフが行うので小さなお子さんでも安心。

星野リゾート リゾナーレ那須

5月31日までは「POKO POKO」前の広場に菜の花畑が登場。期間中は菜の花色のシートやクッションなどのレンタルグッズが用意されており、ピクニックを楽しむことも可能です。可憐な花々と穏やかな陽気に包まれながら寛ぐひとときは、春の謳歌そのもの。

さらにコロナ禍による牛乳のフードロスを防ぐべく開発された「牧場を救うミルクジャムフラッペ」も販売中。地元牧場で育つ、ジャージー牛の牛乳から作られたミルクジャムは香ばしい風味が印象的。すっきりした甘みなのでピッツァとの相性も上々です。

清涼感あふれる森、土に触れる農業体験、地元の豊かさを知れる美食──。那須高原のすべての魅力を湛えたアグリツーリズモリゾートで、自然の美しさを改めて体感してみてはいかがでしょうか。
星野リゾート リゾナーレ那須
住所:栃木県那須郡那須町高久乙道下 2301
電話番号:0570-073-055(リゾナーレ予約センター)
客室数 :43室
チェックイン 15:00/チェックアウト 12:00
料金 :1 泊24,000円~(2名1室利用時1名あたり、税込、朝食付)
URL:https://risonare.com/nasu/
>>>Web予約はこちら

「香るハーブづくしのリフレッシュ」
開催日:2021年3月16日~6月14日
料金:1名5,000 円(税別)
含まれるもの:収穫体験、蒸留水づくり、ハーブティ、ハーブウォーター、サシェづくり

>>「最高水準のコロナ対策宣言 星野リゾートが考える3密回避の旅」についてはこちら
[Photos by Nao]
■あわせて読みたい

大人が楽しめる究極のワインリゾート「リゾナーレ八ヶ岳」【星野リゾート宿泊ルポ】
伝統とモダンの融合が心地いい。「界 加賀」で加賀文化の伝統に浸る旅【星野リゾート宿泊ルポ】
関東近郊から行ける、星野リゾートの温泉旅館ブランド「界」の宿泊ルポまとめ
都内のホテルで大人の“飲んだくれ合宿”を開催【星野リゾートOMO5東京大塚】

当記事はTABIZINEの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ