あの花×ラスカル=あの洗熊? コラボ企画「あの日見た洗熊の名前を僕達はまだ知らない。」が5月22日スタート


「あの日見た洗熊の名前を僕達はまだ知らない。」と題されたコラボ企画

2011年にフジテレビ“ノイタミナ”にて放送されたアニメ「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」と、1977年放送の世界名作劇場シリーズ「あらいぐまラスカル」のコラボレーションが決定。

コラボ名「あの日見た洗熊の名前を僕達はまだ知らない。」として5月22日より展開されます。ってことは、略は「あの洗熊」?それとも「あの熊」?

【その他の画像・さらに詳しい元の記事はこちら】

「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」は、幼馴染の6人組「超平和バスターズ」の淡い恋や後悔、絆や成長を描いた物語。ある夏の事故がきっかけで心を閉ざし離れてしまった5人の前に現れたのは、あの夏に死んだはずの少女・めんま。

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。

ファンタジー的な題材ながら思春期特有の複雑な想いがリアルに描かれており、「泣けるアニメ」として瞬く間に大ヒット。2013年には劇場版が公開、2015年には実写ドラマが放送されました。

ファンからは「あの花」という略称で親しまれる同作は、今年で放送10周年。今回のコラボ企画は放送10周年を記念したプロジェクトのひとつ。コラボアートを使用した様々なグッズが登場し、日本アニメーションオフィシャルショップANi★CUTE(あにきゅーと)や全国のアニメショップにて、5月22日より順次発売となります。

描き下ろされたコラボアートは全4種類。一つ目は主人公の「宿海仁太(じんたん)」をはじめ、「本間芽衣子(めんま)」「久川鉄道(ぽっぽ)」「安城鳴子(あなる)」「松雪集(ゆきあつ)」「鶴見知利子(つるこ)」の「超平和バスターズ」のメンバーそれぞれに、ラスカルが扮したもの。身に付けている小物にも注目とのこと。

「超平和バスターズ」のメンバーそれぞれに、ラスカルが扮したイラスト

二つ目は「あの花」の第8話の名シーンをモチーフにしたコラボアート。「フランダースの犬」を抱きしめて大泣きするじんたんの横には、ラスカルを膝にのせためんまの姿が。

「あの花」の第8話の名シーンをモチーフにしたコラボアート

三つ目はめんまが大好きなかきたま塩ラーメンを、じんたんとラスカルの3人で食べているシーン。ほのぼのとした印象のイラストです。

めんまが大好きなかきたま塩ラーメンを3人で食べているイラスト

四つ目はめんま・あなる・つるこの女子3人が、ラスカルの着ぐるみを着たキュートなアートになっています。

女子3人がラスカルの着ぐるみを着たキュートなアート

5月22日より発売となるコラボアートが描かれたグッズは「缶バッジ(各660円)」「ミニタオル(各990円)」「マグカップ(1650円)」など豊富なラインナップがあり、7月中旬には「ラーメンどんぶり(2750円)」や「BIGサイズTシャツ(3850円)」なども発売予定です。

コラボグッズは豊富なラインナップ

7月中旬にもコラボアイテムが発売予定

(C)ANOHANA PROJECT (C)NIPPON ANIMATION CO.,LTD.

情報提供:日本アニメーション株式会社

当記事はおたくま経済新聞の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ