二人の関係を進展させるために、むしろ会わないほうが良いタイミング3選

カナウ


二人の関係を進展させるために、むしろ会わないほうが良いタイミング3選

これから付き合うかもしれない好きな人や、仲の良い恋人同士だと、いつも一緒にいたいと思うでしょう。

しかし、お互いの関係を進展させるためには、「会わないほうが良い」なんていうシチュエーションもあるもの。

今回は恋愛において、あえて会わないほうが、結果的に関係が深まるタイミングを紹介したいと思います。

目次

仕事などで忙しいとき


好きな男性と良い感じになって、頻繁にふたりきりで会うことが増えてくると、「毎日でも一緒にいたい」という気持ちになると思います。
このまま順調にいけば付き合えそうな、カップル成立寸前のときは、気持ちも盛り上がり、いちばん心がウキウキする時期でもあるので、一緒にいたい気持ちは当たり前の感情。
しかし、男性が仕事などで忙しいときは、会わない選択をしたほうが良いタイミングの場合があります。
仕事が忙しいときは、「休めるときは休みたい」「仕事以外のことに関わる余裕がない」という状態に陥っている場合もあるでしょう。
そんなときに「会いたい」「一緒にいたい」と自分の気持ちを押し付けすぎると、「思いやりがない」「自分勝手」などマイナスイメージになることも。
「大変なときだからこそ、好きな人に会いたい」と考える男性もいるので、見極めが必要ですが、仕事が忙しいときは、LINEなど連絡だけにして、会いたがらないほうがプラス印象になるものです。

会うたびにケンカになるとき


恋人同士でも付き合いが長くなると、お互いに遠慮が無くなってくるもの。
ついついデリカシーに欠ける発言や、相手を思いやれない行動をとってしまうこともありがち。
顔を合わせるたびに、お互いにイライラして、ケンカばかりになってしまうカップルも少なくありません。
ケンカするほど仲が良いという言葉もありますが、ケンカをするたびに、「別れたほうがいいかも」とか、「もう好きじゃないかも」と感じるようなら、しばらく会わないほうがいいかもしれません。
ケンカばかりになるときは、恋人の悪い面ばかり目について、良い面を見る視野の広さを失っている状態です。
そんな状況から脱却するには、一緒にいるよりも、少し距離を置いて、冷静に相手のことを考える時間があるほうが関係は好転しやすいもの。
意識して、会う頻度を減らしてみるのがおすすめですよ。

将来がかかっていることに取り組んでいるとき


「将来の夢のために集中して勉強している」「夢を実現するために遠距離恋愛になる」そのようなときがあるもの。
人生の目標のために頑張るのが、自分の場合も、彼氏の場合もあると思いますが、どちらにせよ、「しばらく恋人関係より目標を優先したい」という気持ちになるときがあるでしょう。
そのようなときに、目標のために頑張っている相手に、「目標と恋愛を両立させて」と要求すると関係が悪くなる場合もあります。
目標に集中したいときに、それを邪魔する存在は、たとえ恋人でも、受け入れられないもの。
結果、夢が破れたときには、「あいつに邪魔された」とか「恋愛にかまけなければ良かった」となります。
夢がかなっても、「支えてくれなかった」としこりが残る場合もあるでしょう。
会えなくなる期間の長さにもよりますが、「落ち着くまで会わないでおこう」と提案したほうが、後の関係が深まる場合もあります。

まとめ


恋愛では会わないほうがいいタイミングがあります。
そんなタイミングに気づかないで、会い続けると、関係が悪化してしまうケースもあるでしょう。
「一緒にいると関係が悪化する」「会わないほうがお互いのためになる」と感じるときは、会わないほうが、信頼関係を築けるものですよ。
(大船くじら/ライター)

当記事はカナウの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ