「8種のうまい棒」がランダムに出る神アイテムを試運転 ギミックが最高だった

しらべぇ




やおきんのロングセラー商品「うまい棒」と日本中央競馬会(JRA)がコラボを開始。5月30日に東京競馬場で開催される「第88回日本ダービー」を盛り上げるため、「黄金のウマい棒サーバー」なる装置を開発したという。1台拝借したしらべぇ記者はその機能性を徹底調査した。

■なんだかすごいアイテムが…




今回特別に支給された「黄金のウマい棒サーバー」は本来、うまい棒と日本ダービーのコラボキャンペーン「ウマい棒ダービー」内で抽選にて当るというもの。

同キャンペーン公式ツイッターを経由して1日100名(期間は20日まで。合計800人)にプレゼントされているもので、当選者には実機とともにオリジナルデザインのうまい棒530本も提供される。

関連記事:青森県民が「完全に青森」と認めた東京の居酒屋『ごっつり』 テイクアウトが激ウマ

■動力はオール人力だ!




サーバーは本キャンペーン用にオリジナルで開発されたもので、ほぼ紙製ながら高さ62.5センチで金色に統一されたデザインは、非常に豪華な見た目である。思った以上にかっこいい。



ここには十数本もうまい棒を装填することができ、ガチャガチャのようにハンドルを回すと、下部の馬の口からうまい棒が1本出てくるという遊び心にあふれた逸品だった。

どの味が出てくるかわからないドキドキ感、そして動力がオール人力というのが妙にレトロでワクワクする。そして排出口である馬の顔もカワイイ。子供が触ったらテンション爆上がりだろう。



■気になる新味はあるのか




装填用のうまい棒は530本。それぞれ今回の「ウマい棒ダービー」用にデザインされたオリジナルパッケージであり、RPGに出てくる宝箱のような保管ボックスに入っていた。





8本を並べると「ウ・マ・い・棒・ダ・ー・ビ・ー」と文章が完成するおもしろデザインになっており、味は「一番人気のめんたい味」「生涯最速たこ焼き味」「逃げの納豆味」「1馬身差のたこ焼き味」「度量を試す納豆味」「負けん気納豆味」「勝ち馬のたこ焼き味」「のび足のめんたい味」と、これまで聞いたことのない新味という構成だ。

■あれ結局は3種類?




さて、実際どんな味なのだろう。…食べてみてわかったが、実は日本ダービーに合わせてキャッチフレーズが付け加えられているだけで、結局のところは「めんたい味」「納豆味」「たこ焼き味」の3テイストとなる。

内訳を見るとめんたい味170本、たこ焼き味180本、納豆味180本であり、高い人気を誇りつつもやや渋めの味が選ばれているところが通である。しかし、なぜこの3種にしたんだろう…ちょっとマニアック。



ちなみに「黄金のウマい棒サーバー」はやや詰まりやすい構造のようで、ご丁寧に詰まった時用のつっつき棒(これも金色)も同梱されている。

本体後ろ側には詰まりを解消するためにこの棒を入れる小窓があり、なんとも細かな気遣いが詰まった物だとも感じた。ファンなら絶対に入手しておきたいところだ。



・合わせて読みたい→暴漢にブチキレて猛反撃 70代女性が30代男を病院送りに

(取材・文/しらべぇ編集部・キモカメコ 佐藤

当記事はしらべぇの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ