フワちゃん「私はどうしても澤部、小峠は救ってあげたい」とテレビの撮り方に苦言

 

5月11日放送の『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系)に、ユーチューバー芸人のフワちゃんが登場。テレビのワイプの撮り方に苦言を呈し、新たな撮影方法を提案したり、ワイプが苦手なはずなのに一生懸命リアクションを取っている芸人を救いたいと語った。

 

「2人ともしょんぼりしながら帰る。見てられない」

「ワガママかなと思うんですが、テレビの撮り方をもうちょっと効率よくできるんじゃないかな」と切り出したフワちゃん。「VTRを見る番組で、ワーって豪華なゲストを呼んで、ワイプが出るのは1個じゃないですか。2時間番組で、2時間ずっと集中して『ほー!』『えー?』『んー?』とかやるじゃないですか」と、VTRの間中リアクションをしなければならない現状に疑問を投げかけた。

 

「小学校のときの音読のように、10秒ごとに赤くなると映る、その間は特にリアクションを大げさにしなくていい。次、自分の番だと思ったら『へー!』ってやればいいんじゃないかな」と、新たなワイプの撮影方法を提案した。MCの明石家さんまが「俺みたいな全力投球の人間は、ずっとや。『うわー!』とか『えー!』って」と語ると、「ちょっと待って。それ気持ちでテレビやりすぎじゃない?」と切り込むフワちゃん。

 

「いとうあさことか上手いんだよね。いとうあさこさん、大久保(佳代子)さんとか若槻(千夏)さんとか、得意な人はいいです。ずーっとそのまんまでいいんですけど」と語り、「2時間ずっと『おわー!』とか、かわいそうなんですよ。澤部(佑)さんとか小峠(英二)さんとかめちゃめちゃ頑張るから。いつも終わったら2人ともしょんぼりしながら帰って行って。見てられないんですよ」と、悲しい表情を浮かべた。

 

「本当に、私はどうしても澤部、小峠は救ってあげたい」と、繰り返すフワちゃん。「だって澤部なんて全然ネアカじゃないんですよ。普段おとなしめなのに、頑張ってやっててかわいそう」と、ワイプが苦手であろう芸人を救うためにテレビの撮り方を変えたいと訴えていた。

※トップ画像は、『踊る!さんま御殿!!』公式サイトのスクリーンショット

 

(めるも編集部)

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ