ノゾエ征爾演出 ワタナベエンターテインメントDiverse Theater『物理学者たち』上演が決定

SPICE



2021年9月19日(日)~26日(日)本多劇場にて、ワタナベエンターテインメントDiverse Theater『物理学者たち』の上演が決定した。

ミュージカル『ブロードウェイと銃弾』、A New Musical『ゆびさきと恋々』に続き、ワタナベエンターテインメントが2021年に贈る演劇公演の3作目となる本作。“ワタナベエンターテインメントDiverse Theater”と銘打ち、クリエーター、プロデューサーとのコラボレーションにより、演劇の可能性を拡げる実験的な新プロジェクトを立ち上げる。

第一弾となる本作は、質の高い作品創りを目指し、骨太な作品を創り続けるオフィスコットーネの綿貫凜とコラボレート。自らをアインシュタインだと信じ込む精神病棟の患者を中心に、核、科学技術を巡って渦巻く人間の倫理、欲望を描くスイスの劇作家・小説家フリードリヒ・デュレンマットの代表作となる。

今回、上演台本・演出に、卓越した発想力とユーモアを併せ持つノゾエ征爾を起用。世界情勢が緊迫した1961年に執筆された本作が現代に蘇る。

出演には、草刈民代温水洋一入江雅人中山祐一朗坪倉由幸(我が家)ら、唯一無二の存在感と実力を兼ね備えた俳優が名を連ねる。

公演の詳細は6月発表予定とのこと。続報を待とう。
草刈民代
草刈民代
温水洋一
温水洋一
入江雅人
入江雅人
中山祐一朗
中山祐一朗
坪倉由幸(我が家)
坪倉由幸(我が家)
ノゾエ征爾
ノゾエ征爾

当記事はSPICEの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ