関ジャニ∞大倉忠義のストーカー被害は続いていた “アイドルが平穏に暮らせる世界”を求める悲痛な訴え

wezzy


 関ジャニ∞の大倉忠義が、一部ファンによる迷惑行為に苦言を呈した。

大倉は5月10日、ファンクラブ会員向けのブログを更新。大倉は6月7日から上演予定の舞台『夜への長い旅路』で、モルヒネ中毒で情緒不安定なメアリー(大竹しのぶ)の長男・ジェイミーを演じるため、ブログの冒頭では<毎日稽古頑張る、出来ることを頑張るしかないね!!>と決意表明をしたうえで、続けて、一部ファンに対してこうつづっている(すべて原文ママ)。

<稽古場にわざわざ出向いてくださってるルールの守れないお嬢様方に適応する法律はないのかしら>

<ストレス増幅罪 親の顔が見て見たい罪 人の忠告聞かない罪 ジェイミーで苦しんでる大倉くんをまだ苦しめる罪 説明しなきゃいけない情けない罪 応援してるなんて口が裂けても言ってほしくない罪>

<どんだけ訴えても 無くならないしいなくならないし スタッフが言おうが 警察が言おうが来るのよよよ>

<皆んなどう思う? アイドルが平穏に暮らせる世界ってあってもいいと思わないかい?>

どうやら、禁止されているにもかかわらず舞台の稽古場を訪れるファンの存在が、大倉を悩ませているようだ。大倉は以前から一部ファンの迷惑行為についてブログで言及しており、昨年1月のブログでも<状況は一切変わってない>と迷惑行為が続いていると思われる記述があった。

それから1年以上経った現在も、問題は解決していなかったのだ。今回のブログによれば、悪質なファンに対してスタッフや警察が注意しても効果がないということで、大倉としても心底辟易しているのかもしれない。

大倉の訴えについて、ファンはSNSで「本当に大倉くんの言う通りだと思う」「大倉くんをこれ以上傷つけないで」「これだけ迷惑かけてるオタクがいるって知って申し訳なく思った」など、大倉に同情的な見方を示している。ごく一部とは言え、メンバーを苦しめているファンがいるとなれば複雑な気持ちになるだろう。
“退所説”は完全否定
 大倉忠義といえば、最初にファンの迷惑行為を訴えたブログで、芸能界やアイドル引退を仄めかす文章があったことから、「ジャニーズ事務所を退所したがっている」とささやかれたこともあった。

しかし、今年4月26日放送の『おしゃれイズム』(日本テレビ系)に出演した際に<(脱退は)絶対にないよねって確認のもと、話は進めてますけど>と退所説を否定。また、自身の退所説について<なんで出るんだろう……不思議とそうなんですよ。(理由は)今の現状がツラそうだ、みたいな>ともコメントしていた。

ただ、ファンによる迷惑行為は今も止むことがなく、<アイドルが平穏に暮らせる世界>にはほど遠い状況でもある。退所するかどうかは別としても、大倉に大きな負担がかかっていることは間違いないだろう。

ジャニーズ関係者への迷惑行為は、警察沙汰になった例もある。今年3月には関ジャニ∞・横山裕のマネージャー男性を待ち伏せしたとして、都内の会社員女性がストーカー規制法違反容疑で逮捕されている。しかもこの女性は、Hey! Say! JUMPの中島裕翔につきまとったとして、2019年8月23日にストーカー規制法違反容疑で現行犯逮捕されていた人物であった。

大倉につきまとっている一部ファンも、すでに警察から注意を受けているようだが、自身の行為がタレントを苦しめているということに早く気づいてほしいものだ。

当記事はwezzyの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ