日本人の約2人に1人が勘違いしている「もやしの事実」 使うときに…

しらべぇ




栄養価が高く、料理のかさまし、節約にもうってつけの「もやし」。毎日のように食べている人も少なくないはずだ。

画像をもっと見る

■もやしを使うときに水洗いする?


そのもやしについて気になるのが、「使うときに水洗いをするか」ということ。パックに入っているため洗う必要はあるのか、それとも他の野菜と同様に水洗いすべきか…と悩んだことは誰しもあるだろう。

SNS上でも「もやしって洗うの?」との声があがっており、編集部が話を聞いた30代女性は「汚れているときだけ洗いますが、普段はそのまま料理に使っています」と話していたが…

関連記事:綾野剛、この1年俳優として感じたことを告白 「共感が全てになるのは恐ろしい」

■2人に1人が該当する結果に


ちなみに、しらべぇ編集部が全国10~60の男女1,844名に調査したところ、全体の49.1%が「もやしを使うときは水で洗っている」と回答。およそ2人に1人が該当しており、多くの人を悩ませていることがわかる。



性年代別で比較すると、全年代で男性よりも女性の割合が高いことも判明している。料理をする経験が関係しているのだろうか。

■もやし生産協会によれば…




多くの人が気になっているであろうこの問題だが、もやし生産協会の公式サイトのQ&Aコーナーによれば、「もやしは出荷前に清浄な水で洗浄されていますので、基本的には調理前の水洗いは必要ありません」とのこと。

「ただし、お手元に届くまでやお手元に届いてからの保存状況の良し悪しなどによって臭いが気になる場合などには水洗いしていただいても結構です」ともつづられているため、洗うかどうかは自由のようだ。「新鮮なら洗わずそのまま」と考えておけば問題ないだろう。

■新鮮なもやしを見分ける方法


では、新鮮なもやしを選ぶにはどうすればいいのか。同協会によれば、「新鮮なもやしは、色白で張りがあり、袋を手で持ったときにパリッと硬い感触があります。また、新鮮なもやしの子葉は薄黄色をしています。根や子葉が茶色かったり、もやしがヘナッとしていて袋に水が出ていたりするものは、保存環境が良くない場合が考えられます」とのこと。

また、もやしを保存する場合は、なるべく低温の環境で運び、冷蔵庫ではチルドルームに入れるか、野菜室より温度の低い冷蔵室で保存することが推奨されている。

毎日使うものだからこそ、無駄はなるべく省きたいもの。新鮮なもやしを使うときは、水洗いせずそのまま使ってみよう。

・合わせて読みたい→バーミヤンで話題の「ビャンビャン麺」 難読名の由来はこの麺にあった?

(取材・文/しらべぇ編集部・二宮 新一

当記事はしらべぇの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ