バイブス(ばいぶす)

numan


バイブス(ばいぶす)とは“テンション”や“ノリ”、“雰囲気”のこと。人や場所、空気感などに対しても使われ、場合により“気合い”の意味を持つこともある。

意味

“テンション”や“ノリ”、“雰囲気”のこと。人や場所、空気感などに対しても使われ、場合により“気合い”の意味を持つこともある。 単語自体にさまざまな意味が内包されているため、使われ方によって幅広い意味を持つ。

もとは英語圏のレゲエやヒップホップ等のクラブ音楽界で使用されていた。
語源はそのまま英語のVibes(バイブス)から来ており、VibesはVibrationの短縮系である。Vibrationには”振動”という意味のほか、”心の衝撃”、”人や場所から感じる感覚的反応”という意味があり、良くも悪くも使うことができる。

恋愛リアリティー番組『TERRACE HOUSE』(フジテレビ系)にてモデルの今井華が多用してたことにより、ギャルを中心に若い世代へ爆発的に広まった。2013年に『ギャル流行語トップ10』の第1位にも選ばれたことからいわゆる"陽キャ"、“パリピ”間での言葉のように思えるが、近年ではオタクや腐女子の間でも使われるように。非常に汎用性が高い言葉である。

⇒次ページ:どんなふうに使う?

どんなふうに使う?

例)
「やばい、バイブスあがってきた!(テンションあがってきた)」
「初対面だけどバイブス合うね~」(気が合うね~)
「推しが可愛すぎてバイブス高まる……!」(可愛すぎて萌える……!)

当記事はnumanの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ