マツコ、もう説教しない宣言?「若い子から嫌われたらおしまいよ」

 

5月7日放送の『マツコ&有吉 かりそめ天国』(テレビ朝日系)では、嫌われがちな年長者のアドバイスに関してマツコ・デラックスと有吉弘行が議論し、いつもは舌鋒鋭いマツコだが、今回に限ってはなぜか弱気な発言を連発した。

 

マツコ「若い人たちに嫌われたらダメ」

視聴者メールにて「ゴルフの打ちっぱなしに行った時、見知らぬご年配の男性から突然みっちりアドバイスされましたが、正直しっくりきませんでした」というものが紹介される。

 

これに対しマツコは「アドバイスは、とりあえず聞くよね」とし、有吉も「そこで反論してケンカしようって気はないかな」と同意する。「ほとんどいらない話なんだけど、たまにジジィって良い事言うのよ。だから案外悪いものでもないわよ」とマツコは補足し、納得の空気が流れる。

 

そしてマツコは、最近の風潮に対しため息交じりで意見を言う。「最近の若い子って、年長者の『こうあるべき』っていう押しつけが本当に嫌みたいね」と前置きした後「若い子から嫌われたらおしまいよ。将来、下の世話もしてもらえなくなるんだから。最後、若い人たちに全部お世話してもらうんだから」と消え入りそうな声で続け笑わせる。

 

さらに「私らの時代も年長者の人たちからの意見はあったけど、今でいう“なんとかハラスメント”になるんだろうけど、それが普通だと思ってたんだけどね。たまに良い話があった気もするんだけど」と話し、これに有吉も頷いたうえで「今は若い子に説教しても『その説教、ネットで知ってます』って言われちゃうからね」と苦笑い。

 

マツコは「もういいの。(嫌われると)最後床ずれとか直してもらえなくなるから。痛いまま放置よ」とため息を漏らし、有吉は「そこに塩でも塗り込まれたらとんでもないよ」とアオって「もう本当ごめん。なんも言わないもう。おばちゃんはなんも言わない」とすっかり参った表情になっていた。

※トップ画像は、『マツコ&有吉 かりそめ天国』公式サイトのスクリーンショット

 

(めるも編集部)

 

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ