2021年春ドラマ、初回視聴率を大発表!14.8%を叩き出したのは…!?

Oh!My!ドラマ

 

4月からスタートした2021年の地上波春ドラマ。ほぼすべての作品が、初回放送を終えました。

ここで、注目度の高かったドラマを中心に初回視聴率を比較しつつ、各作品の内容や今後のみどころを紹介していきたいと思います!(数字は関東地区、ビデオリサーチ調べ)

 

 

落ちこぼれ高校生が東大合格を目指す『ドラゴン桜』

初回視聴率:14.8%

三田紀房さんのマンガを原作に、阿部寛さんが主人公を演じるドラマ『ドラゴン桜』が、前作から16年の時を経て復活。

16年前、私立龍山高校の立て直しのため、生徒たちから東大合格者を輩出すべくやってきた弁護士の桜木建二(阿部寛)。
その後もいくつかの高校で同じように東大受験による学校の立て直しを行ってきたが、2年前に起こったある事件をきっかけに、桜木は姿をくらましてしまった。
そんななか、低偏差値・経営不振に陥りつつある龍海学園は、東大合格者を出すことでの立て直しを計画。教頭の高原は、桜木の元教え子である水野直美(長澤まさみ)と桜木に東大専科の指導を依頼する。
水野はなんとか桜木を見つけ出し、無理矢理に龍海学園へ引っ張ってきたが、理事長の龍野久美子(江口のりこ)は東大専科に反対していたーー。

初回視聴率は14.8%と高く、かなり期待されている作品だということがわかります。
今回は落ちこぼれの生徒たちが東大合格を目指していくサクセスストーリーだけでなく、桜木や水野の行く手を阻むような敵が複数存在しているところもポイント。

第1話では、桜木をハメようとした不良たちが、逆に一刀両断されます。2話目でも楓を挫折に導いた黒幕たちを叱るシーンが。今後もこのように敵をスカッとやっつけてくれる勧善懲悪なストーリーが1話ごとに展開されることも期待されます。

そして、今回の敵役である龍野たちと桜木がどう戦っていくのか……そんなところにも注目していきたいですね。

『ドラゴン桜』
■放送:2021年4月25日~ 日曜日 TBS系 21:00~
■キャスト:阿部寛、長澤まさみ、髙橋海人、平手友梨奈、江口のりこ ほか
■原作:三田紀房『ドラゴン桜2』
■スタッフ:脚本・オークラ ほか/演出・福澤克雄 ほか
■公式:tbs.co.jp/dragonzakura/
■視聴できるVOD:Paravi

 

変わり者の裁判官を主人公にした『イチケイのカラス』

初回視聴率:13.9%

浅見理都さんの同名漫画を原作にした竹野内豊さん主演のドラマ『イチケイのカラス』。

東京地裁第3支部第1刑事部、通称イチケイ。元弁護士で、現在はここで裁判官を務めている入間みちお(竹野内豊)は、誰もが納得する判決を下すため、裁判所主導での捜査を乱発するなど裁判官としては一風変わった人物。そのせいでイチケイは、事件の処理件数が異常に少ない赤字部署だ。
それを解決するため、エリート裁判官の坂間千鶴(黒木華)がイチケイへ異動してきた。しかし入間のやり方に触れるうちに、これまで悩むことなく事務的に厳しく裁判を行ってきたはずの彼女に変化が表れはじめ……。

ドラマは1話完結型。入間や坂間が関わる事件の真相と、入間に反発しながらも、彼に感化されていく坂間の成長をメインに描いています。

初回視聴率は13.9%。3話も12.7%と高い視聴率をキープしており評価が高い作品です。
今後は、入間の過去が徐々に明らかになっていきそうな展開。なぜ入間は弁護士を辞めたのか。それに関係する事件とは?そんなところが今後のみどころになりそうです。

『イチケイのカラス』
■放送:2021年4月5日~ 月曜日 フジテレビ系 21:00~
■キャスト:竹野内豊、黒木華、新田真剣佑、山崎育三郎 ほか
■原作:浅見理都『イチケイのカラス』
■スタッフ:脚本・浜田秀哉/演出・田中亮 ほか
■公式:fujitv.co.jp/ichikei/
■視聴できるVOD:FOD PREMIUM

 

天才助手とポンコツ探偵が事件を解決していく『ネメシス』

初回視聴率:11.4%

広瀬すずさん、櫻井翔さん主演で描かれる『ネメシス』。天才助手とタッグを組んだ自称天才(本当はポンコツ)探偵が、依頼された事件を解決していく新感覚推理ドラマです。

社長の栗田一秋(江口洋介)が事務所の名前を『探偵事務所ネメシス』と改名したあと一線を退き、現在は風真尚希(櫻井翔)が舞い込んでくる事件を担当している。そして、栗田の親友であり、現在失踪中の美神始(仲村トオル)の娘・アンナ(広瀬すず)を助手として預かっている。彼女は何かと興味津々で、依頼された事件の現場についてくるなと言われても、ついてきてしまうタイプ。
そして、事件に関係する過去のシーンへダイブできる能力を持ち、天才的な推理力を持つアンナが、探偵のクセに推理ができない風真に代わり、事件を解決していく。
その一方で、栗田は失踪している始を探すため、依頼された事件の裏にあるヒントをかき集めていた。それには、アンナの出生の秘密にも関わっていそうな20年前の事件も関係しているようで……。

基本的には、ネメシスに依頼された事件を解決していく1話完結型のストーリー。しかし、アンナの父・始の失踪の手がかりがパズルのピースのように1話ごとに集まっていくのも特徴で、これが最後にどう繋がるのかが楽しみなポイントです。

また、ネメシスの助っ人たちが1話ごとに増えていくのも新感覚。たとえば、第1話に登場した医者の上原黄以子(大島優子)は、その後も毎回登場しています。

初回視聴率は11.4%。3話で8.9%と落ちていますが、始の失踪とそれにまつわる20年前の事件が明らかになっていくごとに期待度も高まるかも!? 今後の展開が気になります。

『ネメシス』
■放送:2021年4月11日~ 日曜日 日本テレビ系 22:30~
■キャスト:櫻井翔、広瀬すず、江口洋介、橋本環奈、大島優子 ほか
■スタッフ:脚本・片岡翔、入江悠/総監督・入江悠
■公式:ntv.co.jp/nemesis/
■視聴できるVOD:Hulu

 

海を愛する海洋学者とリゾート開発企業のツンデレ御曹司のラブコメディ『恋はDeepに』

初回視聴率:10.5%

石原さとみさん&綾野剛さん主演、巨大マリンリゾートの開発を巡って対立する男女の恋愛を描いた『恋はDeepに』。

海洋学者の渚海音(石原さとみ)は、星が浜海岸のリゾート開発計画を知り憤っていたが、ひょんなことで、その開発の指揮をとる蓮田トラストの御曹司・蓮田倫太郎(綾野剛)のチームに参加することに。
そこで海音は、開発を止めさせようと倫太郎を説得。聞く耳を持たず、冷たい態度ばかりとる彼に最初は嫌な奴だと思っていたけれど、ふとした瞬間に見せる優しい姿になぜかドキッとしてしまう。
一方、倫太郎も彼女に惹かれはじめ、突き放すようなことをしつつもどうしても気になってしまう。ただ、関わるうちに彼女の正体に疑問を感じるようになり……。

第3話の視聴率は8.9%と初回に比べて下がっていますが、海音が一体何者なのか、ふたりの恋の行方は……というのが今後のみどころ。

また、なにかと倫太郎を敵対視している兄・光太郎(大谷亮平)が、なぜ彼を恨んでいるのか……ふたりの過去にも注目です。

『恋はDeepに』
■放送:2021年4月14日~ 水曜日 日本テレビ系 22:00~
■キャスト:石原さとみ、綾野剛、今田美桜、渡邊圭祐 ほか
■スタッフ:脚本・徳尾浩司/演出・鈴木勇馬 ほか
■公式:ntv.co.jp/deep/
■視聴できるVOD:Hulu

 

新婚早々、離婚の危機に陥ったカップルのラブコメディ『リコカツ』

初回視聴率:9.7%

北川景子さん、永山瑛太さん出演。新婚なのに離婚を前提に生活することになったカップルを描くラブコメディ『リコカツ』。

元カレと別れ、傷心を癒すために山へ来たものの遭難してしまった咲(北川景子)は、絶体絶命のところを自衛官の緒原紘一(永山瑛太)に救助される。
お互いに惹かれあい交際ゼロ日婚を果たすも、同居をした途端、価値観の違いに気づき早くも離婚を決意。
離婚を前提に生活することになり、まわりに相談しようとした矢先、紘一の母・薫(宮崎美子)が家を出てしまい、咲の母・水口水土里(三石琴乃)も、父・武史(佐野史郎/平田満)と離婚するつもりで、咲たちの家に転がり込んでくる。
ますます自分たちが離婚を前提としているなんて、誰にも言えなくなってしまい……。

離婚を決意してから、なぜか夫婦で参加しなければいけないイベントごとに巻き込まれる咲と紘一。そのおかげで、離婚する予定のはずが、かえって絆が深まってしまうのがこのドラマのみどころ。
視聴率は初回から横ばい。なんだかんだで距離が縮まってしまう展開におもしろさを感じている人が多いからかもしれません。

果たしてふたりは離婚を回避するのか、やっぱり離婚してしまうのか、今後に注目です。

『リコカツ』
■放送:2021年4月16日~ 金曜日 TBS系 22:00~
■キャスト:北川景子、永山瑛太、高橋光臣、白洲迅 ほか
■スタッフ:脚本・泉澤陽子/監督・坪井敏雄 ほか
■公式:tbs.co.jp/rikokatsu_tbs/
■視聴できるVOD:Paravi

 

おしゃれインフルエンサーが自分らしさを見つけていく『着飾る恋には理由があって』

初回視聴率:9.1%

川口春奈さん主演、おしゃれインフルエンサーが、恋することで次第に自分らしさを見つけていくラブストーリー『着飾る恋には理由があって』。

真柴くるみ(川口春奈)は、ずっと憧れていたインテリアメーカーの広報として働き、インフルエンサーとしても活躍。そのため、毎日精一杯おしゃれをする生活を送っている。それもこれも、学生の頃から片想いしていた社長・葉山祥吾(向井理)のため。
そんなある日、ひょんなことから知人のフードスタイリスト・早乙女香子(夏川結衣)の家でシェアハウス生活をすることになったくるみ。
そこで出会ったのが、くるみとは真逆のタイプであるミニマリストの藤野駿(横浜流星)だった。
最初はインスタグラムへの投稿のため頻繁に写真を撮ったり、スマホをいじるたびに突っかかってくる彼を不快に思っていたくるみだが、駿の態度の奥にある思いやりに気づいてから次第に気になりはじめ……。

駿の優しさにキュンとしてしまったくるみは、ずっと着飾ってきていた自分を見つめ直します。

初回視聴率は9.1%とまずまずのスタートですが、くるみと駿の距離がさらに近づくのか、それとも失踪していた葉山が再び現れ、ひと波乱あるのか……今後の展開が気になりすぎる胸キュンラブストーリーです。

『着飾る恋には理由があって』
■放送:2021年4月20日~ 火曜日 TBS系 22:00~
■キャスト:川口春奈、横浜流星、丸山隆平、中村アン、向井理 ほか
■スタッフ:脚本・金子ありさ/演出・塚原あゆ子 ほか
■公式:tbs.co.jp/kikazarukoi_tbs/
■視聴できるVOD:Paravi

 

コントをとおして若者たちが抱える葛藤を描く青春群像劇『コントが始まる』

初回視聴率:8.9%

菅田将暉さん、有村架純さんら若手実力派俳優たちが出演し、20代の若者の悩みや葛藤を描いていくドラマ『コントが始まる』。

高校の同級生である高岩春斗(菅田将暉)、美濃輪潤平(仲野太賀)、朝吹瞬太(神木隆之介)の三人で結成しているお笑いトリオ・マクベス。単独ライブなどを行うものの、今ひとつ人気が出ず解散を決意する。
一方、マクベスの大ファンであるファミレス店員の中浜里穂子(有村架純)は、常連客の一組みがマクベスのメンバーだということに気付き、徐々に距離を縮めていく。
初めての会話で解散してほしくないと、春斗に打ち明けた里穂子は、彼からコントにまつわる里穂子との意外な関係を明かされ……。

物語はまず、マクベスのコントが流れ、その後、マクベスの三人、里穂子、里穂子の妹のつむぎが抱えている過去や現在の問題が語られます。それが、実はコントのネタにつながっていて……という冒頭の伏線を回収していく構成。

一見、お笑いトリオだから明るく過ごしているように見えるマクベスですが、プロゲーマーになる夢を諦めていたり、ひきこもりの兄がいたり、家業を継いだほうがいいか悩んでいたり、混沌とした悩みを抱えています。
一方の中浜姉妹も、里穂子は一流企業に勤めていたものの会社を辞め、現在はファミレスでアルバイト中。それにはある物悲しい理由がありました。

彼らの過去が明かされながら、マクベスがこのまま解散するのか、それとも解散をやめるのか……。回を追うごとに厚みが増していくドラマです。

『コントが始まる』
■放送:2021年4月17日~ 土曜日 日本テレビ系 22:00~
■キャスト:菅田将暉、有村架純、仲野太賀、神木隆之介、古川琴音 ほか
■スタッフ:脚本・金子茂樹/演出・猪股隆一、金井紘
■公式:ntv.co.jp/conpaji/
■視聴できるVOD:Hulu

 

バツ3の主人公とその元夫たちとの奇妙な交流を描く『大豆田とわ子と三人の元夫』

初回視聴率:7.6%

坂元裕二さん脚本、松たか子さん主演。バツ3の女性を主人公にしたコメディドラマ『大豆田とわ子と三人の元夫』。

建設会社『しろくまハウジング』の社長であり、建築士の大豆田とわ子(松たか子)は、中学生の娘・唄(豊島花)と暮らしている。
社長業は、先輩を差し置いて就任したし、後輩にも気を遣うから向いてない。何より思い返せば3回結婚し、3回離婚し、世間から見れば「おや?」と思われているよう。でも毎日、元気に暮らしている。
ある日、亡くなった母のパソコンを開こうとするもパスワードがわからない。そのために、最初の夫でレストランのオーナー兼ギャルソンをしている優しいだけの男・田中八作(松田龍平)、2番目の夫でファッションカメラマンの器が小さい男・佐藤鹿太郎(角田晃広)、3番目の夫でしろくまハウジングの顧問弁護士でもある偏屈な男・中村慎森(岡田将生)に聞いてまわることに。
そんなことから、三人の元夫たちが顔を合わせることになり……。

元夫たちは、まだまだとわ子に未練たらたら。パスワードの一件から、何かととわ子と接点を持ちたがり、三人でいがみ合ったり、協力し合ったりと忙しい。
一方のとわ子は過去のことと割り切っていて、元夫たちのことは、外れた網戸や夜中にかかってくる電話など、日々の生活のなかで仕方なく遭遇してしまう嫌なこととして受け止めています。

視聴率はそこそこですが、どこか共感できるとわ子の日常をコミカルに描いているので、刺さる人も多い作品です。

『大豆田とわ子と三人の元夫』
■放送:2021年4月13日~ 火曜日 フジテレビ系 21:00~
■キャスト:松たか子、岡田将生、角田晃広、松田龍平 ほか
■スタッフ:脚本・坂元裕二/演出・中江和仁 ほか
■公式:ktv.jp/mameo/
■視聴できるVOD:FOD PREMIUM、dTV、TELASA、U-NEXT

 

 

今期は良質な人間ドラマを描いた作品が好評

直近の視聴率を見ると、『イチケイのカラス』のように事件の真相から見える人間模様を丁寧に描いた作品や、『ドラゴン桜』のように勧善懲悪なシーンもあるドラマが好評のよう。
まだ見ていないドラマがあったら、今回の記事を参考にチェックしてみてくださいね。

WRITER

  • Togawa Hikari
  •        

  • 女性サイトの編集を経てフリーライターに。女性向けのライフスタイル系記事や、ドラマ好きが高じてレビュー記事を手がけることも多いです。伏線ありの、うまくつくられた物語が大好物。過去のドラマの掘り起こしも大好き。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ