テレワークの日、フルメイクする人は2割。コロナで変わったメイク事情

女子SPA!

 コロナ禍で社会全体が大きく変化した昨今、メイク事情にも変化が起きました。マスクが当たり前になり、最初は「マスクから出るところだけメイクすればいいなら楽かも」なんて思っていた筆者も、マスクによる肌荒れや化粧くずれなど新たな問題に気づくようになりました。

そんな中、日本インフォメーション株式会社は23~59歳の有職女性873名を対象に、「働く女性のメイク・スキンケア事情」についてコロナ流行前後での違いを調査。最近のメイク、みんなはどうしてるの? ということで、さっそく調査結果を見てみましょう。

◆テレワーク中にフルメイクする人は2割

コロナ禍によって多くの企業で導入されたテレワーク。新しい働き方をするうえで、メイクはどうしているのでしょうか。

回答者全体の中で、テレワーク実施者は全体で3割。そのうち、フルメイクの実施者は2割に留まりました。ほとんどメイクしない割合も半数以上。

テレワーク実施者のうち「フルメイクをしている」と回答した人が最も多いのが20代(22.9%)、以降は年代が上がるにつれてフルメイク率が減る傾向にあります。ちなみに30代で最も多いのは、「一部分のみメイクをしている」で44.9%。

◆テレワーク時にフルメイクする理由としない理由

次は、フルメイクをする理由についてです。メイクをしている人はどういった理由でメイクをしているのでしょうか。

全体では「外出や人と会う可能性がある」が55.8%と最も多く、「仕事のスイッチを入れるため」39.5%、「ビデオ会議で顔を出す可能性があるため」34.9%と続きます。

年代別の特徴としては、30代の8割が「外出や人と会う可能性がある」、40代の6割が「仕事のスイッチを入れるため」、20代の4割が「メイクするのが日課」と答えており、他の年代よりも相対的に多い傾向にあります。

一方、フルメイクをしない理由は、全体では「面倒くさいから」が63.9%と最も多く、「誰にも対面で会わないから」42.1%、「肌を休ませたいから」37.6%と続きます。

年代別の特徴としては、20代・30代で「肌を休ませたいから」がそれぞれ4割と第2位の理由として挙がっており、40代・50代では「誰にも対面で会わないから」がそれぞれ5割で第2位の理由となっています。

◆コロナ流行以降に乾燥、肌荒れの悩みが増加

コロナの流行によって、お肌の悩みにも大きな変化があったことが分かっています。

コロナ流行後の肌悩みは、全体で「乾燥・かさつき」33.6%が最も多く、「シミ・そばかす」33.2%、「毛穴の開き・黒ずみ」31.3%と続きます。

コロナ流行前と比較し、「シミ・そばかす」「毛穴の開き・黒ずみ」を悩みとして挙げる人は微減しましたが、「乾燥・かさつき」は4%増、「肌荒れ」は6%増。

マスク生活の継続に伴い、マスクと肌が接触することで「乾燥・かさつき」「肌荒れ」の悩みが増えたのも一因と考えられます。年代別では30代の「乾燥・かさつき」「肌荒れ」が10%増と、他の年代と比較して相対的に増加しています。

◆「マスクにつかない」「マスク映えする」メイクを意識

コロナ流行によって必須になったのがマスク。そうなると、マスクを中心にメイクを考えなければいけなくなりました。コロナ前とコロナ後で、メイクの“ポイント”の変化は?

コロナ流行後のメイクタイプは、全体で「マスクにつかない」18.4%が最も多く、「目が大きく見える」16.5%、「肌にツヤがある」12.6%と続きます。

コロナ流行前と比較し「目が大きく見える」に差はありませんが、「マスクにつかない」は15%増、「マスク映えする」は6%増。一方で、「肌にツヤがある」「毛穴が隠れる」「唇がふっくら見える」はそれぞれ5%ほど減少しています。

マスク生活の継続に伴い、マスク着用を前提としたメイクへの意識が増えた一方、肌ツヤや唇ふっくらなど、マスクで隠れる部分への意識は減っているようです。

【調査概要】

調査機関:日本インフォメーション株式会社

調査地域:日本全国

調査対象:23~59歳の有職女性873名※パート・アルバイトを除く

調査方法:インターネット調査

調査実施時期:2021年3月10日~11日

<文/女子SPA!編集部>

当記事は女子SPA!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ