ダイソーの「耳が痛くなりにくいマスク」 圧倒的にソフトな着け心地に驚き

しらべぇ




外出時の必需品であるマスクだが、長時間の着用で「耳が痛くなってしまった…」という経験はないだろうか。そんな悩みを解消するマスクが100円ショップ「ダイソー」に販売されていた。

画像をもっと見る

■ひときわ目立つ商品が…


ダイソーのマスク売り場には、現在では多種多様なマスクが販売されているのだが、今回見つけた『耳が痛くなりにくいマスク』は、パッケージに「耳が痛くなるすべての人に試して欲しい(原文ママ)」というメッセージが書かれており、かなり目を引く。



耳にかけるゴムが「極細」になっているため、より優しく耳にフィットするそうだが、果たしてどれほどなのか。なお、一袋5枚入りとなっている。

関連記事:ファミマ、夏にぴったりの「冷涼感マスク」を発売 繰り返しの使用も可能

■見た目の時点で違う




取り出してみると、フィルター部分はよくある不織布マスクと変わらないが、ゴム(耳紐)の部分が明らかに異なる。かなり細いのは見た通りだが、半透明になっており触感はゴムっぽい。例えるなら「かなり柔らかく・細くした輪ゴム」といった感じ。



確かに、これなら長時間の使用でも耳が痛くならなそう。逆にソフトすぎてゴムが切れてしまわないかという別の心配が生まれてくる。

■着けた瞬間、衝撃…!




同商品のゴムがどれだけ細いかを伝えるため、記者が普段使用している不織布マスクを2種類用意。比較してみると、違いは一目瞭然だろう。



実際につけてみると…え、すっご…ソフトすぎる…! これまで不織布・布・ウレタンなど様々なマスクを試してきたが、このマスクが最も付け心地がソフト。

耳への負担が少なすぎて、逆に違和感を覚えるレベルだ。「耳が痛くなるすべての人に試して欲しい」と大々的に謳うだけのことはある商品だと感じた。

■数時間使用してみて…


気になる耐久度だが、記者が5時間程度使用(着脱あり)したところ、ゴムが切れてしまうといった問題もなかった。当然耳が痛くなることもなく、このマスクに慣れてしまったら、通常のマスクには戻れないかも…とさえ思ってしまった。

110円で5枚は、現在ではコスパがいいとは言い難いが、耳の痛みに悩んでいる人は買う価値は大いにあるだろう。

・合わせて読みたい→ヒカキン、110万円のマスクを購入するも装着できず… その理由にツッコミ

(取材・文/しらべぇ編集部・ステさん

当記事はしらべぇの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ