またも吹き荒れる80・90年代旋風! 週間人気記事(4月30日~5月6日)

今回もアニメージュプラスの人気記事ランキングをお届けしよう。
集計期間は2021年4月30日から5月6日だ。

ゴールデンウィークど真ん中であったが、1都2府1県に緊急事態宣言が出された状態。
首都圏・関西圏では行楽はあまり推奨できる状況ではなく、イベントも中止・休止のものが出ていた。

映画ランキングは1位『名探偵コナン 緋色の弾丸』、2位『るろうに剣心 最終章 The Final』、3位『シン・エヴァンゲリオン劇場版』、4位『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』と、1~4位をアニメ・漫画系で独占。『無限列車編』は先週の6位からまたまたポップアップ。
興行収入的には『コナン』56億、『シン・エヴァ』82.5億、『無限列車編』398.8億円となっている。

それでは20位から10位まで、カウントダウン!

<4月30日~5月6日>
【20位】
『フルバ』The Final 第5話 紅葉の成長、そして変化
【19位】
『オッドタクシー』第6話 時にはキャバクラに連れていかれることも
【18位】
『SSSS.DYNAZENON』第6回 香乃の死の噂を聞いてしまう夢芽
【17位】
『鬼滅』『呪術』にハマった方にオススメ!GWに読みたいマンガ2選
【16位】
世界一はやっぱりルフィ!『ONE PIECE』世界人気投票結果発表!
【15位】
『ゆるキャン△』ドライパーカー・マスク・折りたたみ傘でキャンプへ
【14位】
廃病院で殺人事件! 安室とコナンは!? 『名探偵コナン』第1004話
【13位】
『鬼滅の刃』炎柱・煉獄杏寿郎の一瞬の姿を切り取り迫力の立体化!
【12位】
『ONE PIECE』より「キャロット」が春色ウェディングドレスをお披露目♪
【11位】
『キングダム』3期第5話 蒙恬率いる楽華隊の前に楚軍千人将・項翼が!

下位ランキングには先行カット記事が多く並ぶ形になった。ちなみに23位には『ゴジラS.P』第6話が来ていて、惜しい所であった。
実はGWの期間、記事全体の本数が通常期間より少なめだった。そこで固定枠である先行カット記事はいつも通りに近い閲覧数を稼いだため、多めにランクインする結果になったのだろう。

19位はランキング初登場、『オッドタクシー』の先行カット記事。ややギャグ寄りな絵柄の動物キャラで人生の悲喜を描いているオリジナル作品だ。
18位は『SSSS.DYNAZENON』の先行カット記事。これもランキング初登場である。

16位は『ワンピース』のキャラクター人気投票記事。2位以下の順位が気になる人は是非チェックを。大方の人が予想するような順位にはなっているが、やはりところどころに意外なキャラが昇ってくるのがこの手のランキングの面白い所だ。

下位ランキングトップの11位は『キングダム』3期5話の先行カット記事。2020年に一度放送スタートしたものの、コロナ禍で中断された同作、いよいよ未放送分へと突入しており、注目度も上がってきているのだと思われる。

5月5日、日本テレビで『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』が放送された。本来5月7日に公開を予定していた映画『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』との連動を考慮したものであると思われる。もっとも『閃光のハサウェイ』は緊急事態宣言を受けて5月21日に公開延期となってしまったが。

『機動戦士ガンダム』に始まるガンダムシリーズは今でも人気の高い作品群であり、関連グッズ情報はこのランキングにも数多くランクインしている。
『ガンダム』自体は1979年の作品だが、それを起点として80年代にリアルロボットアニメブームが起き、また実際には「リアルロボ」ではないロボットアニメも付随して人気となった。
そしてそれを直接体験した、80年代に子供だった世代は、おそらくアニメージュプラスの読者にも少なくない割合を占めていると思われる。

それでは10位から1位まで、カウントダウン!

<4月30日~5月6日>
【10位】
『ONE PIECE』コラボ企画 実写版ウェディングドレス試着会開催!
【09位】
ひかえおろう!『逆シャア』版アムロのマークが家紋風アパレルに
【08位】
ムーミンが華やかなルームフレグランスになってあなたの部屋へ!
【07位】
スタジオジブリ作品のアメカジブランド『GBL』に初のアクセシリーズ
【06位】
『Zガンダム』より「クワトロ・バジーナ」なりきりアイテムが登場!
【05位】
『機動警察パトレイバー』公式ショップにてGW特別セールを開催!
【04位】
グラードンを擬人化するなら?資生堂がポケモンをヘアメイクで表現
【03位】
『ガンダム』地球連邦軍とジオン公国軍のマスクが新たに登場!
【02位】
【追悼】大塚康生 友人が目撃したその模型愛・晩年の素顔
【01位】
<黄金のマスク編>の熱い記憶が蘇る!『キン肉マン』コラボウォッチ

というわけで、10~1位は1980~90年代アニメ関連記事が数多くランクインする形となった。『ガンダム』関連だけで3本である。

そんな中で7位にはスタジオジブリのアパレルアイテムがランクイン。ジブリも80年代アニメがスタート地点と言えるが、現在まで作品が連綿と続いているので、ジブリ全体を「○○年代」と括るのは不適当だろう。

2位は3月15日に亡くなったアニメーター大塚康生氏を偲ぶ記事。こういう記事が上位に来る所は、やはりプラスも『アニメージュ』ファミリーなのだな、と感じさせられるところである。

その追悼記事を押さえての1位は『キン肉マン』のグッズ記事。前々々回の魔雲天フィギュアの時といい、『キン肉マン』強すぎではないだろうか。この辺は、2位と逆にアニメージュプラス読者層の独自色といえる部分かもしれない。
そんなわけで、実は今回の記事タイトルの「旋風」は「センセーション」と読んでほしいのであった。

今回のランキングはいかがだっただろうか。では次回のランキングをお楽しみに。

当記事はアニメージュプラスの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ