劇場版『名探偵コナン』次の主役! 高木&佐藤刑事の恋はどのように進展した?

まいじつ



『名探偵コナン』99巻(青山剛昌/小学館)

4月16日の公開以来、好調な興行収入を叩き出している劇場版『名探偵コナン 緋色の弾丸』。そんな中、早くも次回劇場版の主役が「本庁の刑事恋物語」シリーズでお馴染みの高木刑事と佐藤刑事になるのではないか…というウワサが囁かれている。そこで今回は、作中きっての熱々カップルとして知られる2人の恋物語を、3つのエピソードから振り返ってみよう。

初々しい姿を見せてくれる名シーン


<その1>2人が付き合うきっかけに…「揺れる警視庁 1200万人の人質」
『揺れる警視庁 1200万人の人質』は単行本36~37巻、アニメでは304話にて描かれたエピソード。2人が交際するきっかけとなった重要な物語だ。

この話では、爆弾犯によって東都タワーに爆弾が仕掛けられる事件が勃発。実は、この爆弾犯は3年前も同じように爆弾事件を起こし、佐藤刑事が想いを寄せていた松田刑事が殉職していた。そのため爆弾解体に挑もうとする高木刑事の姿を見て、佐藤刑事は「松田刑事と同じように死んでしまうのでは」と動揺する。

やがて高木刑事は爆弾解体を成功させるが、佐藤刑事は爆弾犯を射殺しようとする。そこに駆けつけた高木刑事は、「松田刑事に怒られますよ」と彼女を制止。佐藤刑事は「忘れさせてよ!」と泣くのだが、「それが大切な思い出なら忘れちゃダメです」と優しく声をかけた…。

2人は以前よりお互いを想い合っている気配があったものの、佐藤刑事は松田刑事の過去を清算できていなかった。しかしこの一件によって気持ちの整理がつき、高木刑事が自分の大切な存在になっていることに気付くのだった。

<その2>初のキスシーン!「古き傷跡と刑事の魂」
単行本64巻、アニメ535話で描かれた『古き傷跡と刑事の魂』というエピソードも、2人の関係性を考える上では外せない。作中では、記念すべき初のキスシーンが描かれている。

時効目前の連続殺人犯を逮捕するため、高木刑事・佐藤刑事は捜査に奮闘。「時効前に逮捕できたら温泉旅行に行こう」と約束し、高木刑事は張り切るのだが、犯人の人質となってしまう。その後、なんとか逮捕に漕ぎ着けるも、高木刑事はひどい怪我を負って入院するハメに。高木刑事は「いつもこんなのばかり」と残念がるのだが、そこへ佐藤刑事がお見舞いにやってくる。コナンの助けもあり、病室で2人きりになった高木刑事・佐藤刑事は唇を重ねるのだった。

それまでは事あるごとに邪魔が入っていたが、ようやく2人の初キスが実現。このシーンには、ファンたちも《高木刑事と佐藤刑事の初キスシーン、やっとか…!ってグッときた》《64巻でやっと高木刑事と佐藤刑事がキスした。長かった…笑》《やったぁぁぁ! 高木刑事と佐藤刑事がキスしたぁぁぁ!!》と大盛り上がりしたようだ。

いつも間にか大人の関係に…


<その3>ニオわせ発言で話題に!「招き三毛猫の事件」
2人の大人な関係性が明らかになったシーンといえば、単行本82話、アニメ751~752話で描かれた『招き三毛猫の事件』だろう。

このエピソードで、コナン率いる少年探偵団は、とある三毛猫の飼い主探しを行うことに。しかし飼い主が見つかったはいいものの、その後、血なまぐさい事件が発生してしまう。そこで捜査に駆けつけたのが、佐藤刑事と高木刑事だった。

少年探偵団との会話の中で、佐藤刑事は「蛍光灯を交換するときに、ベッドにイスをたてて交換している」と発言。すると高木刑事が、「そんなことしないでください! 佐藤さんのベッドのマットレスって高級でふかふかなんですから」と口走ってしまう。

明らかに大人の関係だとニオわせるようなセリフに、当時は《高木刑事が佐藤刑事の家のベッドの柔らかさ知ってるの、ふふってなる》《なんで高木刑事は佐藤刑事のベッドのことを知ってるんですかねぇ》《高木刑事は佐藤刑事のベッドに寝たことがあるのか、いつの間に…》とさまざまな反響が上がっていた。

いくつものカップリングが存在する「コナン」の作中でも、とくに人気が高い高木刑事と佐藤刑事の組み合わせ。劇場版で彼らが主役になるのだとしたら、どんな恋物語が繰り広げられるのか楽しみでならない。

文=「まいじつエンタ」編集部
写真=まいじつエンタ

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ