黒田勇樹が再婚、こども店長は『ドラゴン桜』出演。子役の現在7選

女子SPA!

 俳優の黒田勇樹(39)が地下アイドルグループ「Nyan7」のメンバーで女優の珠居ちづる(29)と昨夏に再婚していたと東スポが報じたのは4月23日のこと。男児の父になっていたことも合わせて報じられました。

この報道を受けて5月6日自身のブログにて、妻が自身の主宰する劇団の団員でもあることに触れて「もう二度と、世界中の出演者に手を出した演出家を笑いません」とユーモア交じりに報告しました。

黒田勇樹って誰だっけ? という読者のみなさん。『人間・失格~たとえばぼくが死んだら』(TBS系、1994年)で「KinKi Kids」の堂本剛(42)をいじめていた医者の息子、『ひとつ屋根の下2』(フジテレビ系、1997年)で主人公の家に居候していた浪人生といえば思い出したでしょうか。外国の美少年のような顔立ちをしていた彼です。

1歳で子役としてデビューし、映画『学校III』(1998年)で日本アカデミー賞新人俳優賞などを受賞するなどトントン拍子でキャリアを積むも、俳優を続けることへの不安から2010年、28歳で引退。「ハイパーメディアフリーター」を自称していた時期もありましたが現在は俳優活動に復帰し、舞台の演出や劇団の主宰をしています。13年5月に離婚した1人目の妻からDV疑惑を暴露されるなどネガティブな話題が多かった黒田にとって久しぶりの吉報です。

「子役は大成しない」そんな言葉を跳ね除け、大人になっても活躍しているタレントは少なくありません。名子役の今とは――。

◆加藤清史郎 『ドラゴン桜』出演中

“こども店長”として大ブレイクした俳優の加藤清史郎は、今年8月で20歳になります。1歳でデビューしたので芸歴は19年。中学2年生で役者として食べていく覚悟を決めてから、成長期は土台作りのために知識や経験を増やすことに重点を置きました。

その1つが、高校3年間のイギリス留学。小学6年生の時に出演した舞台『レ・ミゼラブル』でイギリス人スタッフと関わった経験が渡英を決意させたと言います。

昨年公開の映画『#ハンド全力』で7年ぶりに長編映画主演を務め、現在放送中のドラマ『ドラゴン桜』(TBS系)では優秀な弟と比較され続けてきた生徒役を好演中。

所属事務所用のユーチューブ撮影をドラマ現場で行った際は、共演の平手友梨奈がひょっこり映るという嬉しいハプニングがありファンを喜ばせました。外見だけでなく内面も成長した加藤の今後にウキウキです。

◆間下このみ 難病を乗り越え出産

黒田と同じアラフォー世代なら、タレントの間下このみ(43)の活躍を一度は目にしたことがあるはず。4歳の時に出演したキッコーマンのCMで注目を浴び、「所さんのただものではない!」(フジテレビ系)でお茶の間ですっかり馴染みに。「普通になりたい」と中学入学を機に活動自粛。その後、アメリカに留学し、帰国後は写真家としても活動。

いっときは子ども時代の記憶を消したいほどだったそうですが、自身の知名度が役に立った場面がありました。

2万人に1人が罹患するという「抗リン脂質抗体症候群」。全身に血栓ができやすく、妊娠している場合、流産・死産に至るケースもあるという難病で、間下は06年10月、妊娠中に宣告されました(07年3月に無事長女を出産)。「お腹で亡くなる赤ちゃんが一人でも少なくなれば」その一心で病名を公表。すると各メディアで取り上げられ、13年にはBSプレミアムでドキュメンタリードラマ化。病名の認知度向上に一役買いました。

◆山崎裕太 舞台やYou Tubeで活動

3月に40歳になった山崎裕太は3歳でデビュー。小学1年生の頃には1人で現場に行っていたという早熟した子どもを一躍有名にした番組といえば、7歳から出演した『あっぱれさんま大先生』(フジテレビ系)でしょう。

ふてくされた態度がウケ、人気はうなぎのぼり。当時の最高月収は300万円だったと自身のユーチューブチャンネル『グルテクっ!~山崎裕太のグルメテクニック~』で明かしています(当該回で共演した内山信二は「絶対ウソ。マルが1個違う」と断言)。

20歳の時に主演した舞台『大江戸ロケット』でゴールデン・アロー賞演劇新人賞を受賞。「真骨頂はここ」と言うだけあり、舞台へかける想いは人一倍強い。昨年3月に公演予定だった初の一人芝居『赤ずきんちゃんのオオカミ』は新型コロナウイルスの影響で中止になりましたが、不惑の年を迎えた山崎の次なる一手が気になるところです。

◆花澤香菜 声優・歌手に加えタレントとしても大活躍

『あっぱれさんま大先生』つながりなら、声優の花澤香菜(32)も外せません。小学1年生から4年生まで『あっぱれー』の後番組『やっぱりさんま大先生』に出演。個性派俳優の加藤諒(31)やモデルの森絵梨花(32)もこの番組から巣立っています。

花澤は14歳で声優に転身。アニメに疎い人でも『鬼滅の刃』の甘露寺蜜璃役と聞けばピンとくるかもしれないですね。「超癒し系ボイス」と言われる甘美な声が魅力で、歌手としても活動し2019年には中国・上海でのアリーナ公演を成功させました。日本人女性ソロアーティストとしては初というから、花澤人気恐るべしであります。

声優、歌手活動だけでなく、情報番組『サンデー・ジャポン』(TBS系)にコメンテーターとして登場するなどフィールドを拡大中です。

◆神木隆之介 事務所独立

若手俳優の中では神木隆之介(28)の安定感が半端ないですね。2歳でデビュー、すでに芸歴26年の神木は05年のNHK大河『義経』で義経の幼少時代を演じ、翌06年に『探偵学園Q』(日本テレビ系)で連ドラ初主演。映画やドラマなど毎年何かしらの作品に出演しています。声優として参加した映画『君の名は。』(16年)が大ヒットしたことも記憶に新しいですね。

キャリアが順調すぎて説明の必要がないほどですが、大きなニュースと言えば、佐藤健(32)と共に3月末で大手芸能事務所「アミューズ」から独立し、新事務所を設立したことでしょうか。とくに仕事への支障はなく、現在放送中のドラマ『コントが始まる』(日本テレビ系)にも主要キャストの一人として出演中。好調は続きます。

◆まえだまえだ 兄弟そろって朝ドラ出演

大阪出身の兄弟漫才コンビ「まえだまえだ」を覚えているでしょうか。『エンタの神様』(日本テレビ系)に定期出演し、07年に出場した『M-1グランプリ』は当時8歳と6歳ながら準決勝に進出しました。

スタンドマイクを前に軽妙なかけ合いを披露していたのは過去のこと。今は俳優として成功しています。特に弟の前田旺志郎(20)は『MIU404』(TBS系)、『猫』(テレビ東京ほか)などのドラマに出演。

20年度後期のNHK朝ドラ『おちょやん』で劇団員役を好演し、ツイッターのトレンド入りするなど話題になりました。高校受験の時に将来を考えた結果、ずっと俳優としてやっていきたいと誓ったそう。現在は俳優業と並行して慶應義塾大学で演劇教育を学んでおり、演技を通して社会貢献することを目標にしています。

ちなみに兄の前田航基(22)も俳優として活動中。5月17日からスタートする朝ドラ『おかえりモネ』では主人公・百音の同級生を演じます。兄弟そろって実力派になりました。

アップダウンの激しい世界で生きることを決めた元子役たち。意志の固さと、自己をアップデートし続ける努力は簡単ではありません。それができるプロだからこそ、一過性ではなく長いスパンでやっていけるということですね。

<文/女子SPA!編集部>

当記事は女子SPA!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ