松本人志、自分を超える有望な後輩芸人への対応を語る

 

5月2日放送の『ボクらの時代』(フジテレビ系)に、お笑い芸人・ダウンタウンの松本人志が登場し、シンガーソングライターのさだまさしへの想いを明かしたり、自分を超えているであろう有望な後輩芸人について語った。

 

松本、有望な芸人をどう扱ってる?

番組序盤、松本は「さださんに(番組ゲストとして)呼ばれると、断れないんですよ。心の師匠なんで」と明かし、同じくゲストの泉谷しげるを驚かせる。「小学生の頃、さださんの楽曲に心を打たれたんですよ」と続ける松本に、さだは「『HEY!HEY!HEY! MUSIC CHAMP』(フジテレビ系)でゲストに出させてもらったときに連絡先を交換したんですよ。普通だったらそのままなんだけど、その後すぐ松本さんから連絡をもらって。サシノミをしたんです」と明かす。松本は「都内で本当に2人っきりで。そんな経験今までなかったから、マジでさださんにキスされるかと思いました」とボケ、皆大爆笑。

 

そして松本は、後輩のお笑い芸人について語る。さだから「これから、松本人志を超える芸人って現れるんですかね?」と聞かれた松本は「いや、きっともう出てるんですよ、何人か」と返答し、さだは意外そうな顔を見せる。松本は続けて「それを、うまいこと『出てない』風にしてるんです」と笑いながら話し、さだは「(後輩芸人を)刈り取っているってこと?」と聞くが、松本は「そういうんじゃないですよ、圧力で抑えてるわけじゃないです」と否定。「そういうと誤解を生みますけど、何となくそういうの(後輩芸人)をうまく取り込んでいるというか『まぁまぁ、なぁ』って感じにするんです」と答える。

 

この回答に、さだは「『こいつやりそうだな』っていうのを仲間にしちゃうんだね。そうすればずっと自分が先輩でいられる、みたいな。俺もよくやってるよ」と笑わせながら分析し、松本は「調和ですよね。良い意味で、ですよ」と補足していた。

※トップ画像は、フジテレビ公式Twitter(@fujitv)より

 

(めるも編集部)

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ