平日にまさかの間引き運転… 羽鳥アナが「通勤客の本音」を代弁し反響

しらべぇ




6日放送の『羽鳥慎一 モーニングショー』(テレビ朝日系)では、緊急事態宣言に伴う「間引き運転」が行われたJR大井町駅の様子を中継。フリーアナウンサーの羽鳥慎一が、思わずこぼしたコメントが反響を呼んでいる。

■6日と7日は本数2割減で運行


首都圏では東京都に緊急事態宣言が発令されており、一部の鉄道では6日と7日、通常より運行本数が少なくなっている。

番組では、JR大井町駅の京浜東北線の上りホームの様子が中継され、現地のリポーターから「待っている方々全員は乗ることができずに、次の電車を待つという方がいまホームに残っています」「乗客は皆さんしっかりマスクをし、『整列してください』と駅員が誘導している」といった状況が伝えられた。

関連記事:荒天の月曜 「満員電車」「仕事行きたくない」など心の声が続々トレンド入り

■「不安を感じながら密な状態に…」


この状況に、羽鳥は「出勤したくてしているわけではない方も沢山いらっしゃると思います」「緊急事態宣言期間中ではありますけど、平日に関しては本数減らさないほうがいいんじゃないかなと思うんですけど…」とコメント。

同局の玉川徹氏も「本数が減ると、混み具合が増えるので、そこちゃんと考えてほしかったんですけど…」とこの対策には疑問を呈する。

中継映像には、マスクにスーツ姿といった人々が大勢映っており、「恐らくいまホームに立ってらっしゃる方も、不安を感じながらこれから密な状態に入っていくんだと思う」と、通勤客らを案じた。

■ネット上にも戸惑う声


連休明けの通勤ラッシュ時間帯に実施された“間引き運転”に、インターネット上にも「明日も間引き運転なの? し、信じられない…」「連休明けは出社のとこ多いでしょうしねぇ…なのに間引き運転は…」と戸惑う声が相次いだ。

通勤せざるを得ない人々の気持ちを代弁するかのような羽鳥のコメントには、「羽鳥さんナイス! 本当にその通り!」「出勤したくて出勤するわけではない! その通りですね…」といった反響が見受けられた。

■6割超「満員電車での通勤が不安」


ちなみに、しらべぇ編集部が全国の10代~60代の有職者・学生・アルバイトの男女1,544名を対象に「コロナ禍の通勤・通学」に関する意識調査を実施したところ、全体で62.3%もの人が「満員電車での通勤・通学に不安を覚える」と回答している。



テレワークができない職種も多くあり、今回の対応には不安や不満の声が溢れている状況だ。

・合わせて読みたい→スーツを着て出社したのに… 通勤時に起きた恥ずかしい失敗談

(文/しらべぇ編集部・衣笠 あい

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2020年7月3日~2020年7月7日
対象:全国10代~60代の有職者・学生・アルバイト1,544名 (有効回答数)

当記事はしらべぇの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ