三味線奏者・上妻宏光、豪華ゲストを招き‟最高峰の技術と究極のセッション"で魂を刺激! ソロデビュー20周年特別公演 開催決定!

Rooftop


unnamed.jpg

三味線奏者 上妻宏光のソロデビュー20周年を記念した特別公演が10月に東京と兵庫で開催されることが決定した。

伝統楽器である津軽三味線の「伝統と革新」を掲げ、 様々なアーティストやカルチャーと垣根を超えた共演をしてきた上妻宏光。 新型コロナウイルスの影響により、 2020年に予定をしていたソロデビュー20周年特別公演は延期となってしまったが、 コロナ禍でも歩みを止めることなく様々な活動を続け、 この度、 満を持して2021年10月に開催が決定。 『ソロデビュー20周年特別公演 上妻宏光 ‐伝統と革新‐』 は東京公演に、 由紀さおり、 東儀秀樹、 押尾コータロー、 兵庫公演には、 佐藤竹善、 宮沢和史、 TSUKEMENという6組のゲストを迎え「最高峰の技術と究極のセッションで魅せる」と銘打つ。

上妻宏光の卓越した演奏やジャンルレスなパフォーマンス、 幅広いゲストとのコラボレーションから原点である津軽民謡まで“伝統と革新”を体現した公演になりそうだが、 何より、 説明無しに音楽の力を感じ、 訪れた人は明日の活力に代わるエネルギーを得られる機会は魂を揺さぶられるに違いない。 是非、 逃さず堪能して欲しい。 そして、 今年2月に津軽三味線奏者としては初めて、 能楽専門の施設として国内最高峰である「国立能楽堂」の舞台で行われた公演の映像も公開されているので併せてご覧頂きたい。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ