#音楽を止めるな ダンスミュージック・クラブカルチャー支援! J-WAVE×BEAMS RECORDS Tシャツ販売 第三弾の受注販売がスタート!

Rooftop


unnamed.jpg

J-WAVE(81.3FM)は、 新型コロナウイルスの影響により音楽ライブをはじめ多くのイベントが中止となる中、 大好きな音楽を、 アーティストを、 ライブハウスを応援したい――そのような想いから「#音楽を止めるな」プロジェクトを昨年2020年4月1日に発足。 その一環としてオリジナルTシャツを販売し、 その売上を音楽関係者へ寄付してきた。 この度、 ダンスミュージック・クラブカルチャーの支援を目的としたオリジナルTシャツ販売企画の第3弾を、 2021年5月5日(水・祝)に開始。

BEAMS RECORDSの制作協力のもと行われた過去2回のオリジナルTシャツ販売では、 J-WAVEやクラブ・ストリートカルチャーに縁の深いアーティストらが全43種のTシャツデザインを制作。 ライブハウス支援を目的とした第1弾販売では、 総売上枚数:2,595枚、 総売上金額:10,276,200円、 この売上から制作・販売にかかる経費を差し引いた7,163,660円を、 東京都内を中心としたライブハウスへ寄付。 ダンスミュージック・クラブカルチャー支援を目的とした第2弾販売では、 総売上枚数:1,759枚、 総売上金額:6,795,369円、 この売上から制作・販売にかかる経費を差し引いた総支援金額:4,800,514円をDANCE MUSIC & CLUB CULTURE UNITEと一般社団法人JDDAを通じて、 東京都内を中心としたクラブ、 ミュージックバー、 事業者及びアーティスト団体へ寄付・支援。

5月5月(水・祝)に開始した第3弾でも、 (株)ビームスから音楽ある豊かな暮らしを提案する「BEAMS RECORDS」制作協力のもと、 「#音楽を止めるな ダンスミュージック・クラブカルチャー支援 J-WAVE×BEAMS RECORDS Tシャツ販売 第3弾」と題して、 再度の緊急事態宣言を受け、 困難な状況が続いているダンスミュージック・クラブカルチャーの支援を目的にオリジナルTシャツ全8種の受注販売を行なっている。

Tシャツデザインは、 東京のダンスミュージック・シーンを盛り上げるJ-WAVEの深夜番組『TOKYO M.A.A.D SPIN』(毎週月曜日~土曜日27時~29時放送)が全面プロデュース。売上から制作・販売等にかかる経費を差し引いた全額を一般社団法人JDDAとクラブ支援基金「DANCE MUSIC & CLUB CULTURE UNITE」を通じて東京都内を中心としたクラブ、 ミュージックバーの事業者およびアーティスト団体へ寄付・支援されるとのこと。

Tシャツの販売は「e+ Shop」にて。

J-WAVE×BEAMS RECORDS Tシャツ
SIZE:各 S,M,L,XL

価格:各 ¥3,960(税込)

*売上から制作・販売等にかかる経費を差し引いた全額を一般社団法人JDDAとクラブ支援基金「DANCE MUSIC & CLUB CULTURE UNITE」を通じて東京都内を中心としたクラブ、 ミュージックバーの事業者およびアーティスト団体へ寄付・支援いたします。

企画:J-WAVE

協力:BEAMS RECORDS、 イープラス、 一般社団法人JDDA

特設サイト:https://www.j-wave.co.jp/topics/2104_ongaku.htm

販売サイト(e+ Shop):https://shop.eplus.jp/ongakuwotomeruna/

J-WAVE公式サイト:https://www.j-wave.co.jp/

『TOKYO M.A.A.D SPIN』番組サイト:https://www.j-wave.co.jp/original/maadspin/

【TOKYO M.A.A.D SPIN 1.】 J-WAVE #音楽を止めるな Tシャツ / ブラック

東京のダンスミュージック・シーンにまつわるカルチャー、 アート、 ファッション、 ニッチなニュースなどを取り上げて2時間、 スピン、 MIX、 発酵、 熟成、 アウトプットさせていく番組に生まれ変わった「TOKYO M.A.A.D SPIN」のオリジナルロゴTシャツが世界初限定リリースで、 #音楽を止めるなドネーションに登場。 ダンスフロアから鳴り響く、 かつてのダンスミュージックシーンの再起を願う一枚。 ロゴデザインは、 水曜日のナビゲーター:Frascoのメンバー、 峰らるによるもの。

sub1.jpg

【TOKYO M.A.A.D SPIN1.】 J-WAVE #音楽を止めるな Tシャツ / ホワイト

東京のダンスミュージック・シーンにまつわるカルチャー、 アート、 ファッション、 ニッチなニュースなどを取り上げて2時間、 スピン、 MIX、 発酵、 熟成、 アウトプットさせていく番組に生まれ変わった「TOKYO M.A.A.D SPIN」のオリジナルロゴTシャツが世界初限定リリースで、 #音楽を止めるなドネーションに登場。 ダンスフロアから鳴り響く、 かつてのダンスミュージックシーンの再起を願う一枚。 ロゴデザインは、 水曜日のナビゲーター:Frascoのメンバー、 峰らるによるもの。

sub2.jpg

【SAVE THE DANCE】 J-WAVE #音楽を止めるな Tシャツ / ブラック

2度目の緊急事態宣言で立ち上がり、 ジャンルを超えたアーティストと300店舗以上のベニューが賛同する“音楽を止めない”、 “アーティストやLIVEハウス、 クラブ、 ミュージックバーなどの文化施設や店舗を守っていく”ムーヴメント「#SaveTheDance」へのリスペクトと応援を込めた一枚。 音楽べニューやアーティストを支援して「#音楽を止めるな」を実現させよう!

sub3.jpg

【UNITE】 J-WAVE #音楽を止めるな Tシャツ / ブラック

封鎖された現場、 分断された音楽シーンに必要なのは「UNITE」。 HOUSEミュージックの根底にある「人と人とを繋げるユナイト」を啓蒙。 グラデーションのように上から降ってくるようなUNITEのデザインは「ダイバーシティ」、 「ユナイト」を象徴する意味が込められている。 今こそ現場に「UNITE」を、 失われた繋がりを取り戻そう!この一枚で、 ”UNITE”を拡散させて下さい。

sub4.jpg

【DUB WISE】 J-WAVE #音楽を止めるな Tシャツ / ホワイト

MUTE BEATの傑作テイクの名盤=DUB REMIX集のタイトルからインスパイアを受けたデザイン。 「DUB」="音を解体・再構築・覚醒させる"、 "音を共鳴させ鳴り響く"、 というところから、 分断の今こそ共鳴し続けるDUBの世界観、 音が必要だ、 との思いが込められたデザイン。

sub5.jpg

【SUNSET MUSIC】 J-WAVE #音楽を止めるな Tシャツ / レッド

ステイホームで日没や日の出の時間を音楽のある場所、 アウトドアで感じられることが少なかった1年を乗り越えて、 また皆で美しい瞬間に音楽を楽しむ時間を!という強い意志の込もった1枚。 福岡県糸島市の芥屋海水浴場で開催される、 西日本でもっとも美しい音楽フェスティバルのひとつとされる「サンセットライブ」に想いを馳せて。

sub6.jpg

いとうせいこう is the poet (ITP IN DUB ※黒ベースT)

いとうせいこうの小説や詩や演説などの一節を、 即興音楽に合わせてその場で選びながら読んでいき、 常にそれをダブ処理することで音と言葉を拮抗させるタブポエトリーのユニット:いとうせいこう is the poetとのコラボTが登場。

sub7.jpg

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ