モト冬樹、ワクチン接種遅れに危機感 「永久に続きそうな緊急事態宣言」

しらべぇ




タレントのモト冬樹が5日、自身のAmeba公式ブログを更新。減少しない新型コロナウイルスの新規感染者数とワクチン接種の遅れに危機感を募らせている。

■新規の減少はGW中ゆえ?


モトは「昨日の東京の感染者は609人 大阪は884人」と新型コロナウイルスの新規感染者数に触れたが、発表された感染者数が前日より少なかったことに、「検査数が少なかったんだろうな」とGWで検査数自体が減っている影響なのではという見解を示していた。

その上でモトは「明日、明後日の感染者数がどうなるかちょっとビビるよね」とGW明けに検査数が増えた際の感染者数に対して不安を抱いているようだった。

関連記事:モト冬樹、ワクチン追加供給の見込みに鋭いツッコミ 「五輪が終わってるよね」

■「永久に緊急事態宣言が続きそう」


感染拡大防止の対策について、度々私見を述べているモト。

このエントリーでも「ワクチン接種しかないと思うんだけど」とワクチン接種による感染拡大防止を訴えていたが、「まだ俺のところにはなんの連絡もこないし」と、70歳であるモトでもワクチンの接種の順番が来ていないことを明かしていた。

モトはワクチン接種が進んでいないことを踏まえ、「このままだと永久に緊急事態宣言が続きそうだ」と、感染拡大に歯止めを掛けれていない現状に危機感を募らせる。

■ワクチン接種を望む声は


ワクチン接種が中々進まない現状だが、どのくらいの人がワクチン接種を希望しているのだろうか。しらべぇ編集部では全国10~60代の男女1,844名を対象に調査したところ、全体の26.3%が「新型コロナのワクチンが完成した場合、すぐに接種したい」と回答している。



特に性年代別では、60代男性が一番高い割合になっており、重症化する可能性が高いと言われている高齢者ゆえにワクチン接種を望む声が多いものだと思われる。

既にワクチンの予約が締め切りになっている自治体もある中、ブログには「ネットでの予約がおススメらしいですよ」とワクチンの予約を希望しているモトへアドバイスのコメントが寄せられていた。

・合わせて読みたい→モト冬樹、「ワクチン接種しようぜ」と改めて強調 批判に強く反論

(文/しらべぇ編集部・中島隼貴

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2020年9月18日~2020年9月23日
対象:全国10代~60代の男女1,844名 (有効回答数)

当記事はしらべぇの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ