ウィル・スミス「自分史上最悪」な中年太りに決別宣言 「夜中のマフィンはもうおしまいだ!」 

アメリカの人気俳優ウィル・スミスが米時間2日、“コロナ太り”した自身の全身写真をInstagramにアップした。見た目が「自分史上最悪」と自虐気味に綴ったウィルだが、リアルな自身の姿をさらけ出したこの投稿は瞬く間に9万件以上のコメントが届いた。さらに4日には短パン一丁の姿を披露したウィル、「自分史上、最高の体型を手に入れる!!!!!」と決意を新たにしている。

1990年代に人気を博したシットコム『ベルエアのフレッシュ・プリンス』でチャーミングな魅力を放ち、たちまち国民的人気俳優となったウィル・スミス。愛嬌のある笑顔と振り幅の広い演技、そして身長188cmのスレンダーな体型から数々の大作映画に出演してきた。アイコニックな作品『メン・イン・ブラック』シリーズではスタイルの良さが際立つ黒のスーツ姿が称賛を集め、『バッドボーイズ』シリーズや『インデペンデンス・デイ』(1996年)、『アイ,ロボット』(2004年)といった作品の中では鍛え上げた見事な肉体を惜しみなく披露し、世の女性ファンを虜にした。

アクション俳優としてのみならず、都会的なプレイボーイや哀愁漂う中年、ディズニーの名物キャラクターなど実に様々な役柄を演じてきたウィルは、役作りにかけるその徹底したプロ意識にも定評がある。伝説のボクサー、モハメド・アリの半生を描いた『ALI アリ』(2001年)ではコロラド州アスペンに移住してジムでのトレーニングや約8kmのランニングを行い、4か月という短期間におよそ16kgの増量に成功した。

20代前半でブレイクを果たして以来、俳優としてストイックに役作りに打ち込むハードな日々を過ごしてきたウィル。30年にわたりハリウッドの第一線を走り続けてきた彼だが、最近はパンデミックの影響も重なって、体型維持に関しては昔ほど気を遣わない日々を過ごしていた様子。今月2日にはそんなライフスタイルを裏付けるように、

「今の僕の体型は、自分史上最悪だ。」

とコメントを添えてInstagramに1枚の写真をアップした。そこにはジッパーを全開にしたパーカーから、たるんだお腹を覗かせた短パン姿のウィルの姿が写っている。しかし自虐気味に綴られたコメントに対して、

「あなたはウィル・スミス! どんな体型だって許されるよ。」

「ソーシャルメディア始まって以来、最高にイケてる投稿だ。」

「君は今までずっと体型維持に励んできたんだ。堂々と中年太りを満喫して!」

などファンから温かい励ましや共感の声が届き、コメントはすでに9万件を軽く上回り、「いいね!」の数は630万件を超える大反響となった。

そしてウィルはその2日後、今度は短パン一丁のみの自身の姿を収めた動画をアップ、パンデミックを「持ちこたえ」、自宅パントリー(食料棚)の食べ物を「食べ漁った」自身の成れの果てを潔く披露した。

「この体は愛おしい、だけど僕はもっと自分に自信が持てるようになりたい。」

「夜中のマフィンはもうおしまいだ…!」

そのようにInstagramに胸中を綴ったウィルは、

「今こそやってやるぜ!」

「自分史上最高の体型を手に入れる!!!!!」

と“コロナ太り”したボディと決別することを明かした。こちらの動画は現在、2000万回以上の再生回数を記録しており、ウィルのシェイプアップ作戦は今後も引き続き大きな注目を集めることになりそうな予感である。



画像2枚目は『Will Smith 2021年5月2日付Instagram「I’m gonna be real wit yall - I’m in the worst shape of my life.」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 c.emma)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ