ウエンツ瑛士、服の購入時期にこだわり 3万円のTシャツは「怖い」と告白

fumumu


ウエンツ瑛士

4日放送の『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系)に、タレントのウエンツ瑛士さんが登場。

自身の洋服へ対するこだわりについて語りました。

■流行は繰り返すから…


この日「倹約家」と「浪費家」を称する芸能人を集め、それぞれのエピソードについて語らせた本番組。

中でも倹約家を名乗るウエンツさんは「基本的に夏に冬物買って夏に冬物を買えば絶対安い」と話し、基本的に服は半年間眠らせるというルーティンがあると告白しました。

夏に買った冬物を冬になる頃に取り出して着ているそうで、多少ダサいイメージはつくものの「もう2週すると最先端に変わる」そうで、「流行は繰り返す」という仕組みをうまく利用してると豪語しています。

関連記事:

■どうしても着れない!


そんな彼の倹約精神に対し、浪費家を名乗るアイドルグループ・JO1の佐藤景瑚さんは「ウエンツさんの気持ちもわかるんですけど、やっぱり最先端の流行アイテムが欲しい」と主張。

「平気でTシャツに5万、10万かけてしまう」と自身の浪費癖を披露しました。

ウエンツさん自身も「1度だけ3万円のTシャツ買ったことある」と明かしましたが、あまりの勿体なさに未だ着ることが出来ず「まだハンガーにかかってます!」とのこと。洗濯することも怖くなってしまい、オブジェ状態になっていると暴露しています。

■浪費家にお説教開始


続いて佐藤さんが「Tシャツが5万って考えるんじゃなくて、ブランドとして考えたら安い」と反論すると「誰が着るかで価値は変わるのよ。1000円のTシャツに着たって僕が着たら5万円に見えるような人物になりなさい!」とお説教をかまし、スタジオを爆笑の渦に巻きこみました。

この放送を受け、ツイッターからは「笑った」「確かに景瑚は1000円のTシャツでも5万の価値あるよ」「多分どっちが1000円のTシャツ着ても5万の価値があるようには見えるんよwww」といった反響が続出。

ウエンツさんの発言は正論という声と同時に、佐藤さんは何を着ても高見えするのでは? と話すファンも見受けられました。

・合わせて読みたい→小栗旬、ウエンツ瑛士の芝居に「40万使った」 その理由とは

(文/fumumu編集部・鳳 あゆ子)

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ