熊田曜子、“デベソ全開”でグラビアを続ける理由 「手術をすると…」

しらべぇ




タレント・熊田曜子が5日、インスタグラムのストーリーズで、出産後の体の変化についてつづっている。

■出産した女性からの質問に…


熊田といえば、2012年に長女、2015年に次女、2018年に三女を出産し、三児の母として子育てに奮闘する一方、38歳の現在も現役グラビアアイドルとして活躍しており、均整の取れた美しいプロポーションを披露している。

そんな熊田のインスタグラムに、出産で体型の変化に悩む女性ファンから「曜子さんは出産時、腹直筋解離しませんでしたか? 拝見する感じまったくされてない気がしますが、手術されたりしたんですか?」と質問が寄せられた。

関連記事:熊田曜子、大人の色気と美バストが炸裂 「シャワーを浴びると裸のように…」

■大半の妊婦が変化を経験


「腹直筋離開」は、左右に分かれている腹部の筋肉をつなぐ「白線」と呼ばれる繊維が横に薄く伸び、お腹が割れたような状態になるもので、妊娠中や分娩時に起こり、大半の妊婦が経験する。産後に体型が戻りにくいのも、腹直筋離開が一因となっている場合があるとされる。

また、腹直筋離開に伴って、腹膜などが外側に突出して臍ヘルニア(デベソ)になるケースもみられている。

■自力で治せる方法を


熊田はこの質問への返信として、「第二子出産の時に腹直筋離開をしたらしく、デベソになりなおりません」と告白。

デベソは形成外科で手術を受けて治療することもできるが、「手術を一度すると、どんどんしたくなって歯止めがきかなくなりそうなのでしません」と説明し、「自力で治せる方法を探し中です。グラビアでもデベソ全開でやっています」とつづった。

■勲章だと思うように


熊田は今年3月に格闘技イベントにゲスト出演した際にも、出産で体型が変化したことに触れ、デベソになったことを告白していた。一時は悩んだというが、ブログでも「勲章だと思うようにします」と記すなど前向きにとらえている様子。

“勲章”をそのままにグラビアで活躍し続けている熊田の姿は、多くのママたちにとっても、励みや希望となりそうだ。

・合わせて読みたい→熊田曜子、女神イメージした「超ミニスカ衣装」でKー1ファンのハート射抜く

(文/しらべぇ編集部・けろこ

当記事はしらべぇの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ