「かなたこなた」ではなくて……「彼方此方」の読み方、知っていますか?

OTONA SALONE



本記事では意外と読めない漢字のクイズを出題します。本記事でご紹介するのは「彼方此方」です。

「彼方此方」の読み方は?




「彼方」を「かなた」と読んだ人は少なくないはずです。もちろん「彼方」の読みの一つなので間違いではありません。辞書を調べてみると「彼方此方」の読みには「彼方」を「かなた」と読む「かなたこなた」も含まれています。

かなた‐こなた【▽彼▽方×此▽方】
[代]遠称の指示代名詞。いろいろの場所・方向などをさす。あちらこちら。方々。

出典元:小学館 デジタル大辞泉

ただ、本記事でご紹介する「正解」は、日常生活でも使われている、誰もが一度は聞いたことのある読み方です。正解はひらがな4文字。例文には「彼方此方探したが見つからない」などが挙げられます。

まずは正解を見てみましょう。

正解は……




「あちこち」です。

「彼方此方」は

①いろいろな場所や方向。あちらこちら。
②物事の順序などが食いちがうこと。あべこべ。

出典元:あちこち|言葉|漢字ペディア

を意味します。

辞書には「あちこち」「かなたこなた」の他に、
  • あちら‐こちら
  • あなた‐こなた
  • あっち‐こっち

の読みが紹介されていますが、どれも意味は「あちこち」に同じです

「彼方此方」を逆にした「此方彼方」という言葉もあります。「此方彼方」の読みは「こなたあなた」または「こなたかなた」。「こちあち」「こっちあっち」とは読みません。とはいえ「此方彼方」も意味は「あちこち」と同じです。なんだかややこしくなってきましたね……!

「彼方」の読みで距離が変わる!?


「彼方」には
  • あち
  • あちら
  • あっち
  • あなた
  • かなた

の読みがありますが、「あちら」と「かなた」ではやや意味が異なります。

「彼方(あちら)」は

①相手や自分から離れた場所、また、方向や人。
②外国。特に、欧米をいう。

出典元:あちら|言葉|漢字ペディア

「彼方(かなた)」は

時間的・空間的に遠く離れたところ。ずっとむこう。あなた。

出典元:かなた|言葉|漢字ペディア

を意味します。

どちらも離れた場所を示す言葉ですが、「かなた」と読むと、その距離はより遠くなります

当記事はOTONA SALONEの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ