YouTube広告を非表示にして快適に視聴する方法


YouTubeを利用していると、人気YouTubeチャンネルであればあるほど表示される広告の量が増えていきます。この広告はYouTube Premiumを契約すれば非表示にできますが、月1180円の料金が必要です。しかし、パソコン・スマホ向けにはYouTubeをはじめとする広告ブロック用のアプリがあり、無料で活用できるものも少なくありません。

YouTube広告を非表示にして快適に視聴する方法

YouTubeのあらゆる広告が非表示になる


パソコン向けの広告ブロッカーである「Adblock Plus」は、Google ChromeやFirefoxの拡張機能として利用するタイプのもので、YouTube広告の非表示にも対応しています。Google Chrome用はChorme ウェブストア、FireFox用はFireFox ADD-ONENsからダウンロード可能です。

iOS・Android対応のスマホについては、広告ブロック用としては「AdGuard」がよく使われます。iOS用のAdGuardについては、Apple Store上に通常版とPro版の2種類があり、無料なのは通常版の方のみです。なお、通常版をインストール後にプレミアム版を購入した場合も、Pro版と同様の機能が利用できます。

また、Android版のAdGuardについてはPlay Storeのダウンロード版については可能ですが、こちらのバージョンはGoogle Chrome上で表示される広告のブロックのみに対応。YouTubeアプリでの広告を非表示にするためには、AdGuard公式サイトからダウンロードしたうえで、プレミアム版の購入が必要となります。

YouTubeの広告が非表示になるアプリ


さらに、YouTube専用の広告非表示アプリとしては「YouTube Vanced」というものが存在。こちらは、スマホ版YouTubeアプリの改造版ともいえるもので、YouTubeアプリと同様の操作感で利用できることが特徴です。

YouTube Vancedのインストールには非公式アプリである「Vanced Manager」を利用するため、Android上の設定で提供元不明のアプリをインストール可能にします。そして、Vanced Managerをインストール後に起動すると、YouTube Vancedなどさまざまなツールのインストール選択画面が現れます。

この際、まず独自認証サービス「MicroG」を使うための「Vanced MicroG」を先にインストールしたあとで、YouTube Vancedをインストールすることが大切です。なお、MicroGでYouTubeへGoogleアカウントの認証を行った場合でも、登録チャンネル関係の通知は届く仕組みになっています。

当記事はラジオライフ.comの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ