脈なし?脈あり?「既読スルー」する男性の本音

愛カツ


未読・既読がわかるLINEは、返事がくるまでソワソワしてしまいますよね。

LINEに関する女性のお悩みとして多いのが、「好きな人にLINEを既読スルーされる」というもの。

そこで今回は、LINEを「既読スルー」する男性の本音をご紹介します。

「脈なしかも……」と落ち込むの早いかもしれないですよ。

脈なし?脈あり?「既読スルー」する男性の本音

■ やり取りの頻度が多くて負担

「すぐ返せることは返せるけど、なんとなくこの子とのLINEのやりとりが多すぎるなあ」

……そんな風に感じるときは、返信のペースを落として調整をする男性もいるようです。

ですので、「もっと早く返事できるよね?」なんて相手を詰めるのは逆効果。

仲良くなりたくてLINEをハイペースで送る人もいますが、LINEの頻度に彼との温度差が生まれてしまうと、「しつこいな」と思われてしまう可能性も。

相手の返信ペースに合わせて、やりとりをしていきましょう。

■ あとで落ち着いて返信したい

「スルーじゃなくて落ち着いて返したいんだ!」という男性も多いようです。

たとえば、あなたからデートのお誘いLINEをしたとします。

既読スルーされると、「私とは遊びに行きたくないのかな?」「脈なしなのかな」……なんて思うかもしれません。

しかし、「予定がわかり次第返そう」という気持ちで既読スルーをしている男性が多いようです。

また、緊急ではない話題の場合は、仕事の空き時間や電車の移動中、寝る前などの落ち着いた時間に返したいという声も。

返事をゆっくり考えてくれているのは嬉しいことだと、ポジティブに考えてみるのが良いかもしれませんよ。

■ なんて返していいかわからない

なんて返していいかわからない

女性からのLINEが自己完結した日記のような内容だと、なんて返事をすればいいかわからない男性が多いようです。

そうこうしているうちに、「見たのになんで返事くれないの?」と責められたこともあるのだとか。

ちゃんと読んでるしできれば返事したい気持ちもあるけど、「うん」や「そうだね」しか返しようがない……。

そんな気持ちにさせてしまうのが、日記のようなLINEです。

できるだけ彼が関心を持ちそうで、返事をパッと思いつくようなメッセージを送るように心がけましょう。

■ 返事の必要性を感じていない

そもそも、「返事はしなくていいよね」と思っている男性もいるようです。

LINEは「約束や業務連絡をするツール」でしかなく、会ったときに仲良く話せばいいと思っているのでしょう。

彼は「あなただから返事をしない」のではなく、誰に対しても「LINE上でのコミュニケーションに必要性を感じていない」のかも。

会う約束はポンポン進むけど、雑談になると返事がこない……そんなときはこのケースだと思っていいでしょう。

■ 気を抜いている

ある程度仲良くなった場合の話ですが、「仲良くなったので安心して気を抜いている」という場合もあります。

最初は相手の連絡ペースもわからないし、数日連絡しないと脈なし扱いされてしまう。

……こんな不安を抱く男性もいるようです。

仲が深まってきたし、そんなにこまめに連絡しなくても嫌われなさそうだとわかると、LINEより自分の仕事やプライベートを優先しだすことも。

手抜きに感じるようなこんな対応は、逆に仲良くなった証拠かもしれませんよ。

■ 返信がなくても気にしないで

好きな彼から返信がこないと不安になりますよね。

でも、既読スルーされたたからといって脈なしとは限りません。

ゆっくり焦らず彼とのLINEを楽しめるようになれば、彼との関係も上手に育んていけると思いますよ。

(中野亜希/ライター)

(愛カツ編集部)

当記事は愛カツの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ