福原愛さんの離婚問題に新展開 親権巡る法廷ラリー長期化か

 【芸能 覆面座談会】ゴールデンウイークなのにコロナ禍で巣ごもりが続く毎日。エンタメ界では女優前田敦子(29)と俳優勝地涼(34)の離婚発表に、卓球女子五輪メダリストの福原愛さん(32)が、夫で元卓球台湾代表の江宏傑(32)から離婚請求されるなどスキャンダラスな話題が世間を騒がせました。その注目ネタの裏側にいつもの覆面メンバーが迫ります。

 ワイドデスク 「卓球の愛ちゃん」こと福原愛さんと、夫の江宏傑選手の離婚問題に新たな動きがあったね。

 週刊誌記者 当初、離婚を渋っていたといわれた江選手が、台湾南部・高雄市の裁判所に離婚を請求した。

 リポーター どういう風の吹き回し?

 本紙デスク 台湾の世論が江選手支持に傾いたことが最大の要因といわれているね。福原さんの離婚意思は固く翻意は難しい。ならば無理せず、親権や慰謝料など、少しでも有利な条件を今なら得られると踏んだようだ。

 週刊誌記者 やっぱり3月に報じられた、子供を台湾に残しての不倫デート疑惑の影響が、福原さんにとっては大きいね。

 ワイドデスク 福原さんは即座に男女の関係を否定したけど、自宅に招き入れて一夜を過ごしたり、デートしていたことは認めた。

 本紙デスク 台湾では当初「愛ちゃん人気」から擁護の声が優勢だったが、じわじわと不倫を疑う声が広がっていき、今ではかばう声はごく少数派だ。

 リポーター どうしてそんなことに?

 本紙デスク 「多目的トイレ不倫」で今も活動休止中の「アンジャッシュ」渡部建と同じ失敗をしたと指摘する意見が多い。

 週刊誌記者 なるほど。どちらも疑惑をすっぱ抜かれた雑誌で釈明インタビューをし、すぐ会見をしなかったことが共通するね。

 ワイドデスク プライベートなことだから、必ずしも会見はしなくていいんだが、会見はイメージを大きく左右するパワーがあるだけにした方が良かっただろうね。

 週刊誌記者 すぐ会見すれば誠実に対処しようとしていることは伝えられる。今回は不倫疑惑に加え、少しドライな対応が、かつての“清純な泣き虫”像とは違って見え、それが世間の戸惑いを生んでいる面がある。

 リポーター 渡部も“爽やか中年”像が完全に崩壊したよね。復帰報道が先に立ったことで猛批判を受け、慌てて会見したけど後の祭りだった。

 ワイドデスク 今回の件はすでに裁判となり、福原さんは法廷で闘うしかない。状況は厳しそうだね。

 本紙デスク 識者は福原さんが親権を得るのは極めて難しいとみている。福原さんの不倫疑惑をうけ、慰謝料が発生するかどうかも焦点だ。本紙取材では、福原さんは子供2人を日本で育てる強い意欲を失っておらず、親権を諦めず闘うようだ。長期戦は必至だね。

当記事はスポニチアネックスの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ