【インタビュー】「宇宙なんちゃら こてつくん」ムロツヨシ「台本に『面白い言い方で』と書いてあるのがプレッシャーです(笑)」 テレビアニメの声優で二役に挑戦!

テレビファン


 人気クリエーター、にしむらゆうじのWEB漫画を原作に、宇宙飛行士を目指すアニマル国宇宙アカデミーの生徒、こてつ(声:藤原夏海)と仲間たちの日常を描いたテレビアニメ「宇宙なんちゃら こてつくん」が、NHK Eテレで好評放送中(毎週水曜午後6時45分~)。本作で、宇宙に関する雑学を教えてくれるDAXA(ダクサ)くんの声とナレーションの二役を担当するのが、数々の映画やドラマの他、コント番組「LIFE!~人生に捧げるコント~」などでも人気のムロツヨシ。アフレコの舞台裏や作品の魅力を語ってくれた。

-アニメのナレーションに挑戦した感想は?

今までもNHKのドキュメンタリー番組などでナレーションの経験はあったので、映像を先に頂き、多少練習してから現場に臨んだんです。でも、早々に監督や制作の皆さんから「うまくやらないでほしい」と言われてしまい、完全な空振りでした(笑)。なぜかというと、「なんちゃってナレーション」と書いてあるんですよね、台本に。その「なんちゃって感」を出してほしいんだと。“なんちゃって風”では駄目なんです。一度、なんちゃって風でテストしてみたんですけど、「もうちょっと肩の力を抜く感じで…」と。だから、どんどん削ぎ落とされていった感じで、準備したものを捨てるまで、少し時間がかかりました。

-難しい注文ですね。

その上、DAXAくんの方は、「おじさんが子どもたちに豆知識を伝えようとして、ちょっと無理して高い声でしゃべっている」という設定にしていただいたのはありがたいんですけど、台本のト書きに「面白い言い方で」と書いてあるんです。福田雄一(『新解釈・三國志』(20)などの監督)以来ですよ、そんなト書き。それもプレッシャーで…(笑)。

-「面白く」と言われても困りますね。

そうなんです。でも、そこで「こういう書き方はやめてほしい」と言うような人間にはなりたくないので(笑)。期待に応えたくて、「面白いと思われたい」と意識しちゃうんですよね。だけど、それを捨てないと肩の力を抜くことができないし…。そこが日々の戦いです。それと、同じ内容のナレーションも、毎回新しく録音しているんです。「ムロさんに遊んでいただきたい」と言われているので、ちょっとふざけてみたり、声の質を変えたりしながら。そうしたら、4話目ぐらいで引き出しがなくなり、よく考えたら難しいことを言われているな、と(笑)。毎回、試行錯誤の繰り返しです。

-子ども向けということで、心掛けている点は?

お子さんたちに伝わらないと意味がないので、小難しいことはしないようにしています。あまり遊び過ぎたり、ちゃかし過ぎたりしても駄目ですし、偉ぶっても駄目ですし。ただ、自分が楽しいと思うことは、子ども向けでもやっていこうと思っています。

-劇中には個性豊かなキャラクターが多数登場しますが、その印象は?

緩くていいですよね。みんなが親しみやすい感じで。現実にはいないけど、手の届くような身近な距離感があって、そこが魅力的だな…と。

-ムロさんのお気に入りは?

みんなかわいいですけど、僕はやっぱり校長先生に引かれます。物事を真っすぐに伝えるのではなく、ちょっと違った角度から伝えたり、生徒たちをホルモン焼きに連れて行ったり…。いい教育方針を持っているなぁ…と。僕の理想の大人像です。ああいう、ちょっと他にはない面白さのある人間でいたいと、いつも思っていますから。

-ところで本作は宇宙がテーマですが、ムロさん自身の宇宙に対する体験を教えてください。

僕らが見てきた宇宙というと、日本人宇宙飛行士などのニュース映像や、映画で描かれたものですよね。今でもよく覚えているのが、学校の映画教室で見に行った『アポロ13』(95)です。最近では“はやぶさ”なども映画化されていますが、そういうものを通じて、宇宙への夢やロマンを教えてもらいました。

-この作品の舞台となる宇宙アカデミーには、宇宙飛行士以外にもさまざまな学科があるので、より幅広く宇宙への夢や憧れを伝えられそうですね。

そうですね。DAXAくんにも、宇宙船の中ではストレスを回避するため、テレビを見たり、みんなで談笑したりする時間を大事にしている、みたいなことを伝えるせりふがあるんです。今まで僕らは特に意識していませんでしたけど、宇宙船の中でも必要だと知ると、“ステイホーム”みたいなことが言われるご時世でもありますし、改めてその大切さに気付かされるな…と。

-宇宙が日常の延長線上にあると考えると、今までよりも身近に感じられますね。

僕らの頃は、宇宙なんて現実的な目標にはなりえませんでしたけど、最近は民間のロケットも打ち上げられたりして、いろんな方が「宇宙」を夢の一つに挙げるようになってきていますしね。今はまだちょっと特別かもしれませんけど、少しずつ身近になってきているなぁ…と。

-放送が始まって、期待していることは?

声優の仕事はこれまで何度か経験ありますが、長期間放送される作品は初めてなので、皆さんの感想を聞くのが楽しみです。それによって変えていってもいいのかな…と思っているので。その方が、ご覧になる方の楽しみも増えるでしょうし。今はまだ、自分のパートをアフレコしているだけですが、始まった後は他のキャラクターの様子を見て、いろんな刺激を頂き、いい足し算をしていけたら…とも思っています。

-この作品を通して視聴者に伝えたいことは?

今のご時世、目標や夢を持つことが現実的でなくなり、「夢物語だ」と捉えられがちです。でも僕自身は、子どもたちに目標や夢をかなえようとする生き方を提示できるおじさんでありたいな、といつも思っています。

もともと、この仕事をお引き受けした一番の理由は、子どもたちに見てもらえる作品だったことなんです。僕には子どもはいませんが、友人の子どもたちやおいっ子、めいっ子がちょうど小学生ぐらいなんですよね。その子たちに見てもらえる作品に参加できることが何よりうれしくて。だから、そういうことを子どもたちに伝えたいです。でも、決して押しつけがましくならないように。「こうしろ」ではなく、それがなんとなくゆるく伝わったらいいな…と。このアニメをだらっと見ていたら、いつの間にか…というのが理想です。

(取材・文/井上健一)

当記事はテレビファンの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ