YouTubeを見るとき… およそ7人に1人が動画再生でやっていること

しらべぇ

(byryo/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)
スポーツ選手やタレントたちも参戦し、テレビ並のクオリティの動画が楽しめるYouTube。大量の動画が毎日投稿されているが、すべてを追いかけるのはかなり時間がかかるだろう。

画像をもっと見る

■およそ7人に1人が「倍速」を使用


そこで、たくさんの動画を見るため、あるいは動画のスピードにイライラするという理由から「倍速再生」機能を使っている人も少なくない。

しらべぇ編集部が全国10~60代の男女1,844名に調査したところ、全体の14.2%が「YouTubeを倍速で見ることが多い」と回答。およそ7人に1人が倍速で見ている計算だ。



性年代別で比較すると、男女ともに10代が多く男性が30.1%、女性が26.6%と約4人に1人が倍速で見ている結果に。Netflix、TVerなどでも倍速機能があるが、近い将来には「倍速で見るのが当たり前」という考えの人も増えてくるのかもしれない。

関連記事:テレビ vs 動画サイト、よく見るのはどっち? 7割が支持したのは…

■「普通の速度はもう無理」と感じる人も


今はまだ少数派の「倍速ユーザー」だが、日頃から倍速機能を使っている人からは「時間のコスパがいい」「短時間でいろいろな動画が見られる」との声が。30代の記者もそのひとりで、ユーチューバーのトーク動画は2倍速、映画は1.25倍速にするなどジャンルや動画によって速度を変えている。

また、SNS上では「標準速度だとイライラする」「1.5倍速でいつも見ているから、普通の速度で見るのはもう無理」との声もあがっており、倍速に慣れた人にとっては通常速度で動画を見ることが苦痛のようだ。

■倍速がない動画サイト離れも…


倍速ユーザーの中には「倍速機能がないサイトがストレス」「このままだと映画とかアニメも見れなくなりそう」「倍速で見れないからテレビ見なくなった」と、YouTubeの倍速に慣れた影響で、他の動画サイトやテレビや映画を見なくなったユーザーもみられている。

たとえばAmazon Prime Videoの場合は倍速機能がないが(4月30日時点)、同じ作品が倍速機能があるNetflixでも配信されていた場合には、倍速機能があるサイトで見る人もいるようで、倍速機能がない動画サイトを離れているユーザーも少なからず存在する。

■倍速機能の需要は高まる?


編集部の別の調査では、5人に1人が「テレビよりYouTubeのほうを見ることが多い」と回答していることが判明。今後ますますYouTubeをはじめとした動画サイトの需要は高まるだろう。

そのとき、動画の数や扱う作品だけでなく、倍速機能があるかないかで選ぶユーザーが出てきてもおかしくないかもしれない。

・合わせて読みたい→嵐・二宮和也がYouTuberデビューへ シルエットの正体を推測する声も

(文/しらべぇ編集部・二宮 新一

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2020年9月18日~2020年9月23日
対象:全国10代~60代の男女1,844名 (有効回答数)

当記事はしらべぇの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ