美しいオムライスが約5分で完成 神技のような100均グッズがあった…

しらべぇ




家庭料理のイメージが強いが、専門店も存在する奥深い料理であるうえ、不器用な人には難易度の高い「オムライス」。

そんなオムライスが、電子レンジで簡単・綺麗に作れてしまう神技的商品「レンジで簡単オムライス」(110円)を試したところ、本当にスゴかった…。

画像をもっと見る

■ダイソーやキャンドゥで買える


同商品は、様々な便利グッズを生み出しているサナダ精工が作っている製品で、ダイソーやキャンドゥなどお馴染みの100円ショップにて販売されている。



ごはん用とたまご用の2種類のボウルが入っていて、700Wまで対応可能。余談だが、記者が気になったポイントは……



「たまごやごはん、具材等は付属していません」。こんなことまで明記しなければならないなんて……。何とも言えない気持ちになってくる。

関連記事:ヒカキン、川口春奈の手作りオムライスに興奮 「そんなこと書かれたら僕…」

■材料を入れてGo Toレンジ




たまご用容器に卵1個とサラダ油小さじ1、マヨネーズを小さじ1/2(記者のアドリブ)ほど入れて混ぜ合わせる。

ごはん用容器には、ごはん、ミックスベジタブル、ウィンナー、ケチャップと塩コショウ、ここでもレシピ外のコンソメを適宜入れ……



この段階では「混ぜ合わせない」と書いてあったのだが、うっかり混ぜてしまった。うん、細かいことは気にしないでいこう。

材料を入れたら写真のように2つの容器を重ね、Go To電子レンジ。

■文明の利器による美しいたまご完成




マヨネーズを勝手に追加したためか、表示通りの加熱時間では若干固まりきらなかったため、様子を見つつ追加でもう1分ほど加熱したところ、写真のような綺麗なたまごができた。



同時に完成したケチャップライスを皿に盛り、その上からたまごを乗せると……若干穴があいてしまったものの、綺麗なオムライスが完成した。

この程度の穴であれば、余った部分を継ぎ接ぎすれば誤魔化せるレベル。

■今までの苦労は何だったのか…




ちなみに、不器用な人間がフライパンでオムライスを作ろうとした残念なケースもご覧いただこう。とにかくもう…たまごが難しすぎる。



先程と同じ分量の材料、同じ皿になんとか盛り付けてみたが、ご覧のような残念クオリティだ。自分で食べるのなら良いけど…。

■まさに“劇的ビフォー・アフター”




フライパンで自力で作ったものと比較すると、まさしく“劇的ビフォー・アフター”みたいな画像ができてしまった。

パッケージには「600Wで2分」とあり、ウィンナーを切る作業なども手際よくこなせば、5分もあればオムライスができてしまうような体感だ。もっと早く出会いたかった…。

・合わせて読みたい→セブンの絶品パイ包み 購入時に必ずお手拭きをもらうべき理由が…

(文/しらべぇ編集部・衣笠 あい

当記事はしらべぇの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ