券売機に現れた謎のコマンド表、よく見ると… 「天狗が出没する」まぜそば屋が激ウマ

しらべぇ


ラーメンやつけ麺とは、また異なる魅力で人気を博しているまぜそば。4月末、東京・亀有に新規オープンしたまぜそば専門店が、そのほとばしるインパクトで話題になっていることをご存知だろうか。

画像をもっと見る

■「店名」が既に最高




JR「亀有駅」から歩いて数分の距離にあるのが、話題の店舗「龍虎の麺」。

格闘ゲームをかじっていた人ならばピンと来るかと思うが、こちらの店名は「カプコン」と並ぶ格闘ゲームメーカー2大巨頭の一角「SNK」が1992年に発表したタイトル『龍虎の拳』と非常に酷似している…というかほぼ完全に一致レベルだ。

ツイッターを見ると、「怪しげな面を被った人物を見かけた」「従業員が聞き慣れない謎の呪文を唱えている」「券売機に古代文字のような記号が書かれていた」などの声が散見され、「真っ昼間から黒ミサでもやってんのか?」と思わず身構えてしまったが、現地へ向かうと、その粋で素晴らしい店の実態が判明。

関連記事:ローソンストア100 新入社員が開発した斬新すぎるパンが発売される

■謎の古代文字の正体は…




同店では、人気メニューの「ジャンクまぜそば」を実食することに。店内の説明書きを見ると、炙りチーズやベビースターなどがトッピングされたボリューム感がウリのメニューな模様。

これまたSNKの人気作『ザ・キング・オブ・ファイターズ』(KOF)シリーズを彷彿させる「THEキングオブまぜそば」というワードが登場したり、某大手コンビニチェーンとのコラボを虎視淡々と狙っていたり、完全にノリノリである。



まぜそばに続いてトッピングメニューを追加しようと券売機をよく見ると…何やら「トッピングコマンド一覧」が記された張り紙を発見。

ぶっちゃけ記者は、SNK作でなくカプコン作を中心にプレイしている格ゲー勢なのだが、それでもいわゆる「波動コマンド」など、格ゲーを嗜んだ経験がある人類ならば、絶対に体が反応してしまうリストである。



前情報にあった「古代文字」の正体が判明し、安心して席に着こうとすると…「怪しげな面」を被った人物が姿を現したではないか。

■麺が茹で上がると第二形態に移行


まぜそば専門店内で「天狗の面を被った人物に遭遇する」という完全に予想外な展開。学校の裏山でジャスティン・ビーバーに遭遇する方が、エンカウント率的にはまだ高そうである。



しかしこちらの「龍虎の麺」に限っていえば、これは何にも勝る最高の演出。前述の『龍虎の麺』では「極限流空手」を極めた天狗面の謎の空手家「Mr.カラテ」なるキャラクターがラスボスとして登場するのだ。決して今をときめく『鬼滅の刃』キャラ・鱗滝左近次(うろこだき・さこんじ)インスパイアではない。



手際良くオーダーの「ジャンクまぜそば」を調理していく天狗面の男性だが、麺が茹で上がるや否や突如「覇王翔吼麺!」(はおうしょうこうめん)なるフレーズを口にし、麺を器に投入していく。

凄まじい闘気を感じるこちらの動作は、『龍虎の拳』内に登場する必殺技「覇王翔吼拳」に対するオマージュ。さしずめ「腹を空かせた客が相手なら、覇王翔吼麺を使わざるを得ない」といったところであろうか。

さらにモヤシを盛り付ける際は「トドメじゃー!」という決め台詞も登場。

■当然、味の方も激ウマ




ここまで振り切れていると味の方はそこそこ…という出オチ展開も珍しくないのだが、同店のメニューは味も確か。「ジャンクまぜそば」の名に恥じぬ、二郎インスパイアのボリューム感と、魚介系・煮干しの風味が一体化して口内に広がっていくのがポイントである。



濃厚な味わいにも関わらず、満腹になっても全く胃もたれしないのが好印象。どちらかと言えば小食な記者も「これは追い飯しないとウソだろ!?」と感じ、迷わずライスを追加注文してしまった。

■ノリノリな店主に話を聞いた


主人公のリョウ・サカザキの妹であるユリが「やめてお兄ちゃん!」「その人は私たちの…」と、サカザキ兄妹とMr.カラテの関係性を匂わせる形のエンディングが非常に印象的な『龍虎の拳』。



ぶっちゃけMr.カラテの正体がサカザキ兄妹の父であることはバレバレなのだが…「龍虎の麺」店内に現れた天狗面の男性はといえば、こちらは同店の店主であった。

ここまで尖ったスタイルの店となった経緯を尋ねてみたところ、「私には兄がいて、子供の頃から『龍虎の拳』や『KOF』シリーズをよく一緒に遊んでいたんですよね」「4月から店をオープンするに当たり、最初は無難な店名がいくつか候補になっていたのですが、突如『龍虎の麺』という名前を閃きまして(笑)」という回答が。

「トッピングコマンド一覧」については「分かる人が見たら分かるのかなー、くらいのノリで貼ったのですが、思いのほか大きな反響があって驚いています!」とのこと。盛り付け時の決め台詞「覇王翔吼麺!」をめぐる演出についても基本的には写真・動画撮影OKとのことで、混雑状況次第ではリクエストにも応じているという。



「たまに若いカップルのお客さんが来ると『何やってるのこの人たち…』みたいな顔をされるんですが(笑)」「でも格ゲー好きなお客さんたちには喜んでもらえますね。神奈川県から連日足を運んでくださる方もいて、本当に嬉しいです」と笑顔で語ってくれた。

「格ゲーに興味はあるけど、どのタイトルから始めれば…」と逡巡しているシャイな読者たちには、「神ゲー」と名高い『ウルトラストリートファイター4』(ウル4)から入ることをオススメしたい。

なお、格ゲーマーにとってラーメンやまぜそばは、主食のようなもの。中には「対策」と称し、訪れた店のラーメンの写真をSNSに連日投稿する格ゲーマーも少なくない。

対人戦が基本となる格ゲーでは、相手の使用キャラの対策(キャラ対)はもちろん対戦相手の対策(人対)が重要となってくるが、集中力を維持するために腹ごしらえを済ませておくのも非常に大切。「覇王翔吼麺」未経験の格ゲーマーはぜひ、「龍虎の麺」で奥義の対策を済ませておこう。

【店舗詳細】



「まぜそば専門 龍虎の麺」

東京都葛飾区亀有5丁目20−8

・合わせて読みたい→うどん王国で大人気のそばチェーン 愛媛県松山市『そば吉』名物がウマすぎ

(取材・文/しらべぇ編集部・秋山 はじめ

当記事はしらべぇの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ