博多華丸、福岡グルメの達人のはずが味オンチ疑惑 「味覚バグりすぎてる」

しらべぇ

(写真提供:JP News)
4日の『火曜は全力! 華大さんと千鳥くん』(フジテレビ系)では、新料理企画『己の舌を信じてつなげ! 味覚伝言ゲーム』を放送。そのなかで、福岡を代表するグルメ芸人として知られる博多華丸の驚くべき味オンチが発覚、大きな反響が起きている。

◼味覚を頼りにした新企画


『味覚伝言ゲーム』は、博多華丸・大吉と千鳥・大悟とノブのレギュラー陣、ゲストの森三中・黒沢かずこと5GAPの6人が2人1組となって、「目隠し・鼻栓をした状態で試食した料理」を推測しながら調理。

リレー形式で試食・調理を繰り返し、最終的に実食したデヴィ夫人がその料理名を当てれば成功となる新企画だ。

関連記事:博多華丸・大吉、スーパーで妻の地雷を踏む 「ジャスコでウチだけばい」

◼かなりの難問


目隠しで視覚、鼻栓で嗅覚を完全遮断。試食後は口をゆすぎ、ミントタブレットを食べて味と匂いの痕跡を残さない番組側の徹底ぶりに、千鳥・大悟からは「キビしい」と本音を漏らす。

作ってもらう料理は中華の大定番・回鍋肉(ホイコーロー)。豚肉やキャベツ、ピーマンの食感を頼りに料理名を推測・調理をしていくが、最初にペアを組んだ大悟らは「ピーマンの肉詰め」や「豚のショウガ焼き」と勘違いするなど波乱のスタートとなった。

◼華丸の答えは…


追加のヒントなどもあり、最終的に青椒肉絲(チンジャオロースー)にたどり着いた大悟は、牛肉とピーマンのシンプルな青椒肉絲を見様見マネで調理。次のペアの華丸と黒沢に希望を託す。

実食した華丸は「チキンライス」と回答。中華・ミソ味などの追加ヒントを得たあとも「チャーハン」となぜか米の食感を感じたとアピールする。

黒沢が青椒肉絲と推測したため、「なんとなく青椒肉絲っぽいものを作ろう」とピーマンと牛肉を炒めはじめた華丸だが、途中でそこに麺を追加。これまでの試食やヒントを無視するかのように大分県・日田市名物の日田焼きそばを作りあげた。

◼視聴者も衝撃


麺が邪魔をしてアンカーの大吉ペアは苦戦したが、ヒントにより奇跡的に回鍋肉に到達。しかし調理が未熟でデヴィ夫人が不正解となる。

華丸の味オンチ、似非グルメぶりが発覚したこの日。千鳥は「あの人、なに食べてるの?」「水炊きと豚骨しか食ってない」「あなた本当にグルメなんですか? 博多のグルメを牛耳ってるように言ってますけど」とあきれ果てていた。

視聴者からは「華丸さんの味覚バグりすぎてて笑う」「青椒肉絲→チキンライスは草、そんな訳ないよ華丸さん」「華丸さんバカ舌やったんかい」「華丸先生1ミリも入ってない米を感じてたの草」とツッコミが殺到。

ファンからは「ついに華丸さんのバカ舌が世の中にバレてしまいました」と嘆く声もあった。

・合わせて読みたい→ミキ・昴生の生見愛瑠への行為に博多大吉もドン引き 「しばらくミキで笑えない」

(文/しらべぇ編集部・サバマサシ

当記事はしらべぇの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ