永山瑛太「リコカツ」降板の佐野史郎にコメント「芝居のアプローチの面白さを教えて頂きました」

モデルプレス

【モデルプレス=2021/05/04】4日、俳優の永山瑛太が自身のSNSを更新。出演するTBS系金曜ドラマ『リコカツ』(毎週金曜よる10時~)に水口武史役として出演していたが体調不良で降板することになった佐野史郎に向けて、コメントした。

◆瑛太、佐野史郎から以前かけてもらった言葉明かす



佐野は腎臓機能障害の発見により、急遽入院。同局は第4話(5月7日放送)より同役を平田満に交代することを発表した。同役は主演の北川景子が演じる咲の父親で、瑛太は咲とスピード結婚した緒原紘一を演じている。

瑛太は結婚式のシーンの咲、咲の母親の美土里(三石琴乃)との4人の写真を投稿し、「佐野史郎さん。以前、共演させて頂いた時に、『もっと人と違う芝居してみたら』と声をかけて頂き芝居のアプローチの面白さを教えて頂きました。佐野さん覚えてないかも知れないけど」と以前、佐野からもらった言葉を明かし、「ゆっくり療養されて、また芝居や音楽の話しましょう!!」とエールを送った。

◆北川景子&永山瑛太「リコカツ」



今作は、北川と永山が送る離婚から始まるラブストーリー。現代ならではの価値観と時代が変わっても普遍的な男女の悩みを「リコカツ」というキーワードを通じて描き出す、オリジナルストーリーの「離婚するかもエンターテインメント」。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

当記事はモデルプレスの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ