新発見!時には【ネガティブ】なほうが「恋愛でプラスに」なる理由って?

ハウコレ

恋愛はポジティブでなくてはいけない、ネガティブな気持ちで恋愛すると上手くいかないなどのように言われることもありますよね。

しかし、いつもポジティブな気持ちで恋愛できるとは限りません。意外とネガティブな気持ちのときにいいことが起きることもありませんか?

実は、ネガティブなほうが恋愛でプラスになることもあります。今回は、時にはネガティブなほうが恋愛でプラスになる理由について紹介しますね。

■押してダメなときに引くことができる
ポジティブなままだと、押して押して押しまくる恋愛になることが多いでしょう。引き際が分からなくて相手から「うざい」「しつこい」「怖い」と思われてしまいますね。

しかし、ネガティブな気持ちがあれば「ここは引いてみよう......」「もう引いたほうがいいかも......」という思いが出てきて、引くことができるようになります。

引いたときに相手が向かってきてくれることもありますよね。そこから上手くいくこともあるので、時にはネガティブな気持ちが有利に働くこともあるのです。

■自分のことが分かる
ポジティブなまま恋愛をするのは素敵なことですが、自分のことが分からなくなることもあるでしょう。

例えばうまくいっていないのにポジティブなままでいると、そのまま突っ走ってしまって、起動修正することなく恋愛をしてしまいます。そうなると「合わない人......」と思われることもありますね。

しかし、ネガティブな気持ちがあれば「自分は〇〇だから......」と自分のことを判断することができますよね。結果、適度なアプローチができて上手くいくこともあるのです。

■相手の気持ちを考えられる
ポジティブすぎる気持ちで恋愛していると「相手がどう思うかよりも自分がどう思っているのかのほうが大事だ!」「相手の気持ちより自分を優先にしてアプローチしよう!」と思うようになるでしょう。

その結果、相手から「もう少しこっちのことも分かってほしい......」と思われることもあるでしょう。しかし、ネガティブな気持ちがあれば「相手はこう思っているかもしれない......」と考えてみることができます。

ポジティブで舞い上がりすぎた気持ちのまま恋愛を続けるのは、時には危険なので、ネガティブが必要なこともあるのです。

■上手に恋愛のブレーキが使える
ネガティブな恋愛をしたほうが、恋愛のブレーキを上手に使うこともできるでしょう。ポジティブな人は、ブレーキをかけずにそのまま突っ込んでいく傾向にあります。

確かに、何もできないよりは何かしらアプローチしたほうがいいですが、やりすぎは禁物ですね。

ネガティブな気持ちがあれば、「今日はブレーキをかけよう......」などのように上手に調整することができますよ。

■恋愛はネガティブになることがあってもいい
恋愛でネガティブになりすぎるのはよくありません。しかし、たまにはネガティブになってもすぐに恋愛がダメになることはないでしょう。ネガティブになって相手の気持ちを考えられるなら、そのほうがいいこともありますよ!(みいな/ライター)

(ハウコレ編集部)

当記事はハウコレの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ