“敏感な箇所”に… 簡単なのに彼が大喜びした「彼女のおねだり」3つ

ananweb

“おねだり”と聞くと、“わがまま”のように感じてしまうこともあるかもしれません。しかし、男性からすると女性からの“嬉しいおねだり”も存在するようです。今回は、喜んで受け入れた彼女からのちょっとしたお願いについて、男性たちに聞いてみました。
■ 太ももにジュースをこぼされて…

「彼女が酔った勢いで、僕のズボンにジュースをこぼしたことがありました。

慌てて“ごめんね!”と優しくハンカチで拭ってくれたのですが、こぼされた場所が太ももの敏感なところだっため、思わずゾクゾクっときちゃいました(笑)」(Kさん・31歳男性/アパレル)

彼女の意図しないところで、彼の敏感な箇所を触れてしまったようですね。また、ジュースをこぼされても彼が寛大でいられたのは、彼女の愛らしい謝り方にポイントがあったのかもしれません。

■ ワンピースのチャックを上げてとお願いされ…

「彼女から、“ワンピースのチャックを上まであげてほしい”と頼まれました。

しかし、僕は慣れていないので彼女のうなじを誤って触ってしまったんです。

すると、彼女が“あっ!”とくすぐったそうにしていて……。その姿がなんとも妖艶で、ドキッとしてしまいました」(Wさん・35歳男性/美容師)

こちらは逆に、彼が彼女の敏感な箇所を触れてしまったケース。なんてことない日常の頼みごとかもしれませんが、その最中に見えた彼女の姿に色気を感じてしまったようです。

■ 靴ずれの絆創膏を買ってと言われ…

「靴ずれが痛くて歩けないので、“絆創膏を買ってきてほしい”と彼女から頼まれました。

そこで、買った自然な流れで、“貼ってあげるよ”と言ったんです。すると、彼女は“優しいね、ありがとう”と満面の笑みでお礼を言ってくれました。

実際は、綺麗な素足に触れたかっただけなのですが……」(Mさん・24歳男性/会社員)

彼に頼みごとをすることが続いてしまうと、「こんなに甘えるはずじゃなかったんだけど……」とちょっとした罪悪感を感じることもあるかもしれません。しかし、それはそれで密かに彼が喜んでいたりすることもあるのかもしれませんね。

実は、彼女から頼られることを嬉しく思っている男性も意外といます。たまには、素直に彼に頼ってみると、2人の絆がさらに強まるかもしれませんね。

(C)blackCAT/gettyimages(C)Jacobs Stock Photography Ltd/gettyimages

文・東城ゆず

当記事はananwebの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ