好きだけどそれはウザい!男が鬱陶しいと感じる【重ためLINE】の特徴

ハウコレ



連絡を取り合うのに便利なLINE。上手に使えば好きな人と距離を縮めることができますが「重ためLINE」は男性をうんざりさせてしまうので要注意。

今回は「重ためLINE」の特徴を4つ紹介します。

■長文
気軽にメッセージのやりとりができるLINE。短文でポンポンやりとりしたいのに、長文で返事がくると困ってしまいますよね。

好きだからたくさん話したい気持ちは分かりますが、長文LINEは男性が鬱陶しく感じる「重ためLINE」の1つ。長文になりそうなときには電話をするようにして、LINEでは「彼が返信しやすい」長さを心がけるようにしてくださいね。

■返事を催促する
LINEには、相手がメッセージを読んだら「既読」と表示し、知らせてくれる機能があります。この機能がトラブルのもとになる可能性も......。「既読」になっているのに返事がこないと不安になってしまうのも無理はありません。でも、すぐに返事を催促するのはNG。

仕事などですぐに返事ができないときもあります。「そのうち返事がくるだろう」ぐらいの気持ちで、彼のペースに合わせるようにしましょう。

■何度も送ってくる
会話をしている感覚でやりとりができるLINEですが、一方的に何度もメッセージを送るのはNG。返事をしていないのに何度もメッセージがくると、重たく感じてしまうので注意してくださいね。

話をするときも、一方的に話されると気分が悪いですよね。LINEは顔が見えませんが相手がいます。相手の気持ちを考えてメッセージを送るようにしたいですね。

■感情的な内容
感情的な女性が苦手な男性は多いです。LINEのメッセージで怒ったり悲しんだりされると、うんざりしてしまうんだとか。

チャット感覚でやりとりができるLINEですが、感情的なLINEは重たく感じてしまいます。マイナスな感情を伝えるときには、LINEは控えるようにしましょう。

会話感覚でやりとりができるLINEですが、相手の気持ちを考えることが大切。男性が鬱陶しく感じる「重ためLINE」にならないように気をつけてくださいね!(ハウコレ編集部)

当記事はハウコレの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ