セフレに気持ちを伝えてもいい? 100%割り切りと決めていない男性の特徴  

fumumu

悩む女性(fizkes/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)
単なるセフレと割り切っているつもりでも、情がある男性もいるようです。もしも、そういう男性なら彼女に昇格したいと思う女性もいるのでは?

そこで、fumumu取材班はそんな男性の特徴を聞いてみました。

(1)私生活を聞いてくる


エッチ以外のことについてあれこれと聞いてくる男性は、単なるセフレとは思っていない可能性もあるかも。

「ただのセフレと思っている相手にはヤキモチも妬かないし、私生活についてそんなにとやかく言ってきません。だってエッチさえできればそれでいいんですから。

でも、そ私生活や彼氏、好きな人のことをいろいろと聞いてくる場合、なんらかの事情があって本当は彼女にしたいんだけど、自分は彼氏になれないかも、思っていることもあります」(20代・男性)

関連記事:

(2)普通のデートをする


普通のデートもするような相手なら、割り切りと100%決めていない可能性があるみたいです。

「男性にとってセフレは風俗のようなものかもしれませんが、好きになってしまうこともあります。

ヤルだけではなく、昼間からのデートに誘う男性は、割り切りと決めてないかも。こんなツイート、この前もバズってたんですが、好きな人とエッチしたい、だから好きになれたらいいなって男性は多いんですよ」(30代・男性)

(3)困ったら助けてくれる


本当に困ったときに助けてくれる人は情が出てるかも?

「私、セフレを好きになってしまったことがあるんです。実はその人は、今の私の彼氏。

それまでは自分のことをあまり話していなかったんですが、仕事で悩んでいる時に少し聞いてもらったんですよね。その時に、親身に聞いてくれたり、気にかけて電話くれたりしてくれた人でした。

たとえ電話でも、自分のために時間を割いてくれたら、セフレの相手、という以上の気持ちを持っているかもしれません」(30代・女性)

上手く見極めて、関係を変えてもいいかもしれません。

・合わせて読みたい→男女の「お付き合い」の認識は難しい… セフレとの間で起きたトラブル3選

(文/fumumu編集部・神崎なつめ)

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ