カルディで270円のイタリア菓子「マリトッツォ」って?“タピオカ級”ブームの予感

女子SPA!

 久しぶりの大ブーム菓子。

2021年に入って人気が急上昇している“黒船スイーツ”があります。それは、「マリトッツォ」。タピオカ以降、ホームラン級の登場はありませんでしたが、マリトッツォはパン屋や西洋菓子店を中心に、至るところで見かけるようになっています。

このスイーツは、イタリアのローマ地方のローカルフードなんだとか。なぜここまでのヒットになったのか、気になった私は、その理由を考えてみました。

そこで今回は、まだ知らない人も安心! 「マリトッツォの基本知識と魅力」について紹介したいと思います。

◆マリトッツォとは、イタリア発祥の素朴なスイーツ

マリトッツォ(Maritozzo)とは、イタリア・ローマ地方にあるラツィオ州発祥のスイーツ。もともとはかなりのローカル菓子で、地元のバール(カフェ)などで、朝の軽食として愛されています。日本に本格上陸したのは、昨年あたりからで、ヒットに大きな影響を与えたのは、イータリー原宿(2020年6月オープン時に看板メニューとして登場)だと推測されます。

そもそもどんなものかというと、イタリア政府観光局のサイトによれば、「レーズン入りの菓子パンの生クリーム挟み」と説明されています。他に調べていくと、レーズンが入っていないブリオッシュ生地に生クリームをたっぷり挟んだタイプが多く目立ちます。イメージとしては、口溶けの良いパンに生クリームがたっぷり挟まったまんまるコッペパンのような感じです。

◆コロナ禍で、ボリュームたっぷりスイーツが流行!?

ずばり、マリトッツォの大ヒットの理由は、まんまるなビジュアルと、生クリームのボリューム感にあると推測されます。

コロナ禍という未曾有の困難が続くなかで、ヒトは少しでも心が癒やされることを求めています。丸い形は、心理効果としてあたたかみや優しさ、やわらかさを与えると言われていますし、ボリューム感は視覚的なアプローチからも満足度を高めてくれるでしょう。

最近流行ったバスク風チーズケーキや台湾カステラも、このようなポイントをところどころおさえていますよね。

そして理由の2つ目は、名前の由来によるものと考えられます。

◆プロポーズに使われる“ロマンス菓子”だった

マリトッツォの名前の由来は、イタリア語で“旦那様”を意味するMarito(マリート)や結婚を意味するMatrimonio(マトリモーニオ)から来ていると言われています。

昔は生クリームの中に指輪を忍ばせて、女性にプロポーズをしていたそうです。そんなロマンチックなエピソードを携えて、アモーレの国からやってきた“プロポーズスイーツ”なのですから、日本人が歓迎しないわけはありません。

そして3つ目は、作り手の立場から考えたときの“作りやすさ”にあります。

◆特別なテクニックいらず。アレンジしやすいスイーツ

プロパティシエが作る繊細なケーキと比べると、マリトッツォは非常にシンプルで特別な技術や製造時間を必要としないため、提供しやすさの点において大きな魅力です。

もちろん材料などすべてにこだわる場合は別ですが、一般人でもブリオッシュと生クリームを揃えれば、そこそこおいしいマリトッツォを作ることができます。また、アレンジも単純。中身のソース、生クリームに混ぜ込むアイテム(練乳、抹茶、ベリーなど)、トッピング(果物、チョコ、ココアパウダーなど)によって、色とりどりのマリトッツォを作ることができるでしょう。

マリトッツォを購入したい人は、まずはホテルやパン屋を探してみるのがオススメ。洋菓子屋さんでも見かけることがあります。また、カルディでは冷凍タイプがありますから、自宅の冷凍庫にストックしておいて自然解凍するだけで、いつでも食べることができます。

近くで購入先が見つからない場合は、自作にチャレンジしてみるのもアリですね!

<文・撮影/食文化研究家 スギアカツキ>

【スギアカツキ】

食文化研究家、長寿美容食研究家。東京大学農学部卒業後、同大学院医学系研究科に進学。基礎医学、栄養学、発酵学、微生物学などを学ぶ。現在、世界中の食文化を研究しながら、各メディアで活躍している。女子SPA!連載から生まれた海外向け電子書籍『Healthy Japanese Home Cooking』(英語版)好評発売中。著書『やせるパスタ31皿』(日本実業出版社)が発売中。Instagram:@sugiakatsuki/Twitter:@sugiakatsuki12

当記事は女子SPA!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ